新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

チャンバラ合戦を子どもも大人も楽しめます。JR小机駅前の城郷小机地区センター(2階体育室)で、今月(2019年)10月20日(日)10時30分(10時開場)から15時10分まで行われるイベント「小机城・秋の陣」(小机城のあるまちを愛する会・同実行委員会主催)の開催が迫ってきました。

10月20日(日)10時30分(10時開場)から15時10分まで行われるイベント「小机城・秋の陣」のチラシ(Peatix予約サイト内の同イベントのページより)

10月20日(日)10時30分(10時開場)から15時10分まで行われるイベント「小机城・秋の陣」のチラシ(Peatix予約サイト内の同イベントのページより)

昨年(2018年)1月に小机町で発足した「小机城のあるまちを愛する会(略称:城まち会)」が中心となり、昨年秋に初めて行われた同イベント。

小机城は室町時代に築城、1590年の豊臣秀吉による小田原征伐の際に廃城になったとされていますが、現在も遺構が多く残っており、城郭を生かした「市民の森」として整備されているなど、地域の貴重な観光資源となっています。

そんな小机城の魅了をさら発信していきたいと企画された、第2回目となる今回のイベントでも、特に同会代表の木村光義さんが参加してもらいたいと感じているのが、前回も子どもたちに大人気だったという「チャンバラ合戦」

この“体験型”の稀少なイベントは、初代城主とされる笠原越前守信為(かさはらえちぜんのかみ・のぶため=笠原信為、~1557年)を主役と見立てる設定で開催される予定です。

「チャンバラ合戦-戦IKUSA」のルールは、同イベント企画会社(NPO法人ゼロワン)のサイトに詳しい

「チャンバラ合戦-戦IKUSA」のルールは、同イベント企画会社(NPO法人ゼロワン)のサイトに詳しい

10時30分から11時30分までの1時間、子どものみならず「大人も」楽しめるようにと「城攻めゲーム」形式で企画されており、募集の年齢幅を広げ、世代を越えての交流を創出したいと、木村さんたちは意気込みます。

子どもも大人も、⼀緒になって楽しめる。そんな非日常の“侍体験”を体験してもらえれば。親子、また友だち同士など、多くのご参加をお待ちしています」と、木村さん、同会メンバーは、チャンバラ合戦の予約申し込みを広く呼び掛けています。

会場となるJR小机駅前の城郷小机地区センター(2階体育室で開催、Peatix予約サイト内の同イベントのページより)

会場となるJR小机駅前の城郷小机地区センター(2階体育室で開催、Peatix予約サイト内の同イベントのページより)

なお、同イベントの定員は100人で、事前予約制。小学校2年生以下は保護者の同伴が必要。

引き続き開催される小机小学校(小机町)の3年生による発表「小机城を調べました」(11時40分~12時までを予定)までのプログラムは、児童引率者1名および介護者は入場無料

午後の部も、13時から13時20分までが、同会メンバーが演じる演劇「城まち劇場」13時30分から14時30分までが、「小田原北条氏と小机城」をテーマとした歴史トークショー14時40分から15時10分までが、日本舞踊「舞踏団正藤」を招いた舞踏ショーを開催。

当日の入場料は、中学生以下(0歳から中学生)は無料ですが、大人(高校生以上)は500円(税込)の入場料が必要(午前の引率者除く)とのことです。

※見出し横の写真は「Peatix予約サイト」内の同イベントのページより

【関連記事】

小机城で地域の活性化目指す「城まち会」が発足、6/24(日)に初のイベント(2018年6月21日)

中世の歴史伝える武者行列にも注目、2019年「小机城址まつり」は5/19(日)に(2019年5月14日)

小机駅から城址訪ねるガイドマップが初登場、反響大きく増刷も(2018年2月21日)

<小机城>「続日本の100名城」に選出、小田原以外では神奈川県で初(2017年4月10日)

【参考リンク】

チャンバラ合戦-戦IKUSA- 小机城秋の陣2019(Peatix予約サイト)※申込先

チャンバラ合戦-戦IKUSA-の流れ(NPO法人ゼロワン)

グーグル配信による広告と関連記事の紹介