新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

この3連休は、子どもと一緒に楽しみながら防災を学んでみませんか。小机駅近くにある「鶴見川流域センター」(入館無料)では、今月(2019年)9月23日(月・祝)大型イベント「チャレンジ防災アクション」が10時から16時30分まで行われます。

9月23日(月・祝)に鶴見川流域センターで行われる「チャレンジ防災アクション」のチラシ(NPO法人鶴見川流域ネットワーキングの案内ページより)

今年も、立体映像(3D)や音、振動で土石流や火砕流を体験できる「自然災害体験車」がやって来るほか、「防災テント ロープをぴんと張ってみよう」(11:00~、14:10~、15:00~、16:00~、参加費無料)や「作ってみよう防災ポーチ」(11:40~、14:10~、材料代300円)といった実践的な講座を実施。

子ども向けには、「お話会~ツルさんバクちゃん いざというときどうするの」(10:30~、13:30~)や「ビー玉コロコロで洪水体験」(随時)など多数の企画が用意されています。

子どもが学べる企画も多い(2018年開催時)

今月9月9日(月)未明に首都圏を襲った台風15号では、千葉県を中心に長期大停電を引き起こし、横浜市内では港湾部を中心に大きな打撃を受けました。港北区内だけでも半壊を含めた住宅被害が30件以上発生し、破損や飛散物などの被害は40件超、倒木被害も50件以上に及びました。

今後も台風などの災害が起きやすいシーズンだけに、鶴見川流域センターで学んでおくことは、対策を考えるうえで有益な機会となりそうです。

【関連記事】

川の生きものや防災学べる鶴見川流域センター、ハイペースで来館40万人達成(2019年8月26日、来館者が年々増えている)

【参考リンク】

鶴見川流域センターの公式ページ(国土交通省京浜河川事務所)

9月23日(月・祝)「チャレンジ防災アクション」開催!(NPO法人鶴見川流域ネットワーキング)

グーグルからの配信による広告