新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

恒例の「センターこども夏まつり」が3連休中の最終日となる7月15日(月・祝)に行われる(鶴見川流域センターの公式ページより)

今年も小机の「鶴見川流域センター」(入館無料)で夏の大型イベント「センターこども夏まつり」が3連休中の最終日となる(2019年)7月15日(月・祝)に行われるほか、7月20日(土)以降の夏休み期間中はほぼ毎日、館内イベントが予定されています。

7月15日(月・祝)のセンターこども夏まつりでは、10時から16時30分まで館内各所でイベントが企画されており、魚やカニなどの生きものを通じて鶴見川を学び、楽しむことができます。また、毎年人気を集める「カニつり」(10時15分~11時45分)や「めだかすくい」(13時30分~15時)も予定されています。

7月20日(土)から8月26日(日)までの夏休み中は連日にわたって行われるイベントのカレンダー(鶴見川流域センターの公式ページより)※クリックで拡大

また、7月20日(土)から8月26日(日)までの夏休み中は、火曜日(8月6日と14日を除く)の休館日以外は連日にわたって、子ども向けのさまざまな体験イベントが企画されています。

事前に申し込みが必要なイベントは満員になる前に申し込みを(公式ページより)

加えて、館外でも体験企画が予定されており、7月21日(日)午前「鶴見川多目的遊水地見学会と鶴見川の生きもの観察(魚編)」をはじめ、7月26日(金)夜に行われる「真夏の夜の遊水地探険隊」は事前の申し込みと、保険代などとして1人300円の参加費が必要です。

このほか、8月には「鶴見川流域にくらす コワきも~い生きものたちと友だちになろう!」と題した講座も企画。

「鶴見川流域にくらす コワきも~い生きものたちと友だちになろう!」と題した3回連続講座は毎回テーマがユニーク(公式ページより)

8月4日(日)に「知ればかわいいゴキブリちゃん」、8月10日(土)は「ハチはともだち」、8月12日(月・振休)が「きも~い 生きもの実はすごい」との内容で、普段は焦点を当てづらい虫などをテーマにしたユニークな連続講座は、事前申し込み制となっています。

来週末からの始まる夏休みには、鶴見川流域センターに子どもと遊びに出かけてみてはいかがでしょうか。人気イベントや講座は満員になることもあるため、早めに参加申し込みをしておくほうがよさそうです。

【参考リンク】

鶴見川流域センターの公式ページ

鶴見川流域センター夏休みイベントについて(鶴見川流域ネットワーキング)

グーグルからの配信による広告