新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
週間ランキング

週間ランキングこの一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。今月(2019年)7月12日(金)から18日(木)までの7日間に計7万1842ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、16日(火)に公開した「新横浜駅の『3B出口』を撤去、相鉄・東急直通線の新出入口を計画」の記事でした。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は表示回数(ページビュー=PV)と記事公開日。

  1. 新横浜駅の「3B出口」を撤去、相鉄・東急直通線の新出入口を計画(7月16日、4,438)
    → 相鉄直通線の工事によって変化が続く新横浜駅前。円形歩道橋(北口歩道橋)近くの地下鉄出入口閉鎖が決まりました。至近に相鉄直通線の出入口を作るため、横浜市交通局側が譲った形です
  2. 相鉄・JR直通線は1日46往復、相鉄は新型車、JRは「埼京線」車両で運行(7月17日、3,199)
    → 運行区間は海老名~羽沢横浜国大~JR武蔵小杉~新宿を基本とし、日中は1時間に2~3本と非常に少ない本数で開業を迎えることになりました。これは貨物列車と線路を共有するための少なさか、それとも需要が少ないと想定しての少なさかが気になるところです
  3. <2019年>7/25(木)「新横浜花火大会」の翌日から盆踊り、パフォーマンスは9月中旬(5月23日、3,120)
    → 3週連続でランキング登場です。新横浜花火大会は来週7月25日(木)の19時30分からです
  4. 7/19(金)は「横浜線」混雑注意、サッカー国際試合とジャニーズ公演(7月18日、3,094)
    → 偶然なのか今年3月22日(金)にサッカー日本代表の試合が行われた際もジャニーズの公演と重なりました。多数のイベント来場者を迎えてきた新横浜の街としては、基本的に問題のない範囲です。しかし、ジャニーズ系の公演は平日も1日2公演を行い、かつ動員力が「最強」といえるレベルなので、在勤者を含めた新横浜住民がもっとも恐れている存在かもしれません
  5. みなとみらいの「ぴあアリーナ」は来年4月開業、音楽専用で1万人収容(7月12日、2,087)
    → 来年4月開業の音楽専用アリーナ「ぴあアリーナMM」だけでなく、みなとみらいには2023年秋に2万人規模の音楽ホールを開設する計画もあり、新横浜の横浜アリーナへの影響が懸念されるところです
  6. 2019年「盆踊り」や「夏祭り」、港北区南部エリアは7月参院選後に本格化(7月1日、957)
    → 2週連続でランキング登場です。今週末は参議院選挙ですが、大倉山のスーパー駐車場と樽町の幼稚園で盆踊りが予定され、週明け月曜日は大豆戸小学校でも行われます
  7. 相鉄・JR「羽沢横浜国大駅」開業は2019年11月末、ダイヤとJR側車両は最終調整(3月29日、1,584)
    → 14週連続でランキング登場です。7月16日(火)に運行概要が発表されたことで、こちらの記事も注目されました
  8. 7/25(木)「新横浜花火大会2019」有料席は1人2000円、無料エリアも昨年同規模(6月12日、1,199)
    → 昨年は酷暑のなかで、唯一といえる涼しい日に当たった新横浜花火大会。今年は梅雨が相変わらず明けない状態のため、当日の天候が心配なところです
  9. <相鉄直通線>羽沢横浜国大駅の建設は順調、JR側の次駅は「武蔵小杉」か(2018年1月18日、960)
    → 古い記事ですが、再び読まれました。ちなみに武蔵小杉から海老名間は最速36分で結ぶとのことです
  10. <参院選>きょう7/5(金)から投票日前日まで港北区役所に「期日前投票所」(7月5日、958)
    → あす7月21日(日)に投開票が行われる参議院選挙。きょう20日(土)は港北区役所とトレッサ横浜南棟3階に期日前投票所が開設されています

※「週間ランキング」のバックナンバーはこちら(前週は3連休中メンテナンスで休みでした)

※「日吉・綱島・高田エリア」の週間ランキングはこちら

グーグルからの配信による広告