新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

新横浜町内会(金子清隆会長)はこのほど2019年度の総会を開き、今年(2019年)7月25日(木)に開かれる「新横浜花火大会」に続く金・土曜日の2日間に「新横浜盆踊り」を行い、秋の恒例企画である「新横浜パフォーマンス」(同実行委員会主催)は、9月14日(土)・15日(日)に開くなどの行事日程を公表しました。

昨年は花火打ち上げ開始時に明るさも残っていたことから、2019年は15分繰り下げて19時30分開始となる予定(写真は2018年開催時)

昨年(2018年)初めて企画された「新横浜花火大会」(同実行委員会主催)は、前回より花火の数を500発増やして7月25日(木)の19時30分から4500発を打ち上げる計画が固まっています。

新横浜花火大会の翌日となる7月26日(金)と27日(土)には、新横浜駅の「西広場」(交番側)を会場に恒例の「新横浜盆踊り」(新横浜町内会・新横浜自治会・アデニウム新横浜自治会など主催)を開く予定とし、新横浜では夏のイベントが3日間連続で行われる日程となりました。

新横浜パフォーマンスはラグビーW杯開催にともない日程を9月中旬に移し、会場も駅前広場を使用する(写真は2018年開催時)

一方、例年は10月下旬から11月初旬に行っていた「新横浜パフォーマンス」(同実行委員会主催)については、三連休中となる9月14日(土)と15日(日)の2日間にわたって、新横浜駅前の「西広場」(交番側)と「東広場」(横浜アリーナ側)の駅前両広場を会場として開催。

これは、翌週の9月21日から11月2日まで日産スタジアム(横浜国際総合競技場)で「ラグビーワールドカップ(W杯)」の7試合が組まれていることに対応したもので、例年は新横浜パフォーマンスの会場として使っていた日産スタジアム周辺も使用しない形となりました。

新横浜における2019年のイベント日程

  • 新横浜花火大会7月25日(木)19時30分開始予定
  • 新横浜盆踊り7月26日(金)・27日(土)17時~21時開催予定
  • 新横浜パフォーマンス9月14日(土)・15日(日)※会場は新横浜駅前「西広場」「東広場」を予定

【関連記事】

7/25(木)「新横浜花火大会2019」有料席は1人2000円、無料エリアも昨年同規模(2019年6月12日)

2018年の新横浜駅前「盆踊り」は今週末、7/20(金)・21(土)夜に西広場で(2018年7月17日、前年記事)

2018年「新横浜パフォーマンス」は11/3(土)・4(日)、日産スタジアムで(2018年10月30日、前年記事)

【参考リンク】

新横浜花火大会の公式サイト

新横浜パフォーマンスの公式サイト

グーグル配信による広告と関連記事の紹介