新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

法人サポーター会員によるPR記事です】相続税生前贈与の解説、遺言書の書き方など、相続にまつわる対策や手続きについて相談を――。

新横浜の司法書士が、「想いをつなぐ家族のバトン」をキャッチフレーズとするサイトに新たに掲載されました。

横浜市営地下鉄ブルーライン新横浜駅から徒歩約5分、JR新横浜駅北口からも徒歩6分のF・マリノス通り沿いにある「司法書士 佐伯啓輔事務所」(新横浜2)が、昨年(2021年)10月22日より、大手新聞社が運営するポータルサイト「相続会議」に掲載。

依頼者様のご不安を解消し、円滑に相続手続きを完了」するために尽力したいとの想いを綴っています。

「相続会議」サイト内の司法書士 佐伯啓輔事務所のページでは、事務所の特徴やアドバイス・メッセージ、対応できる主な事案(項目)や事務所の概要を記載している

「相続会議」サイト内の司法書士 佐伯啓輔事務所のページでは、事務所の特徴やアドバイス・メッセージ、対応できる主な事案(項目)や事務所の概要を記載している

朝日新聞社(東京都中央区)が現在全国32都道府県の士業の事務所を掲載する同サイトでは、相続問題を司法書士に相談するメリットについても紹介。

相続における書類等の作成を代行してくれる」ことや、「不動産の名義変更(所有権移転登記)をしてくれる」こと、「戸籍取り寄せ預貯金解約相続放棄など幅広く対応してくれる」といった長所を活用してほしいと呼び掛けています。

また、「手続きが大変」と感じた場合の、相続手続きを司法書士に相談すべきタイミングとして、「不動産を相続したとき」や、「銀行や証券会社の名義を変更したいとき」、「相続手続きでサポート役が欲しいとき」の3点を掲げています。

司法書士に相談すべきタイミングとして3つのポイントを挙げている(「相続会議」司法書士のページ)

司法書士に相談すべきタイミングとして3つのポイントを挙げている(「相続会議」司法書士のページ

司法書士に依頼した際の「費用」や、「相談・依頼できること」、そして(司法書士選びで)「欠かせないポイント」についても記載。

「司法書士に相談するのが不安な方へ」の項目では、「まずは相続について知る」ことを勧めており、遺産相続遺留分後見制度・家族信託相続放棄遺産分割遺言書といった項目についてもそれぞれ最大「8項目」にわたり詳述した解説ページを設けています。

佐伯さんは、「『円満な相続をサポート』するサイトとして、相続にまつわる疑問や悩みを抱えた方に向けての、相続の専門家によるわかりやすい情報も掲載されています。ぜひ、同サイトに掲載された当事務所のページをご覧いただければ」と、佐伯さんは、相続や遺言、終活や認知症対策などで困った際の同サイトの閲覧、また同事務所での初回無料相談の利用を呼び掛けています。

※ 記事の掲載内容については、直接「司法書士佐伯啓輔事務所」にお問い合わせください。

【関連記事】

[PR]“書くべき人”リストにも反響、新横浜の司法書士が2つの「遺言」新プラン(2021年5月18日)

[PR]新横浜の佐伯さんがサッカーチームとパートナー契約、つながり構築で“夢”目指す(2021年12月27日)

[PR]サッカーで青春過ごした佐伯さん、「司法書士」の道を新横浜で選んだ理由とは(2020年6月4日)

【参考リンク】

司法書士佐伯啓輔事務所公式サイト

「想いをつなぐ 家族のバトン」がコンセプト、朝日新聞社が運営するポータルサイト『相続会議』に当事務所が掲載されました(同)

法人サポーター会員:司法書士佐伯啓輔事務所 提供)