新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

シーバス」にも乗れる1日フリー券が期間限定で新発売となります。横浜市交通局「みなとぶらりシーバスチケット」(大人1300円・小児650円)をあす(2021年)7月20日(火)から来年3月末まで設定し、横浜駅の周辺などで販売を始めます。市営バスや地下鉄に加え、海からの移動や観光を楽しむ際に活用できそうです。

「みなとぶらりシーバスチケット」は、みなとぶらりチケットのフリーエリアに、シーバスの1日乗り放題券をセットした(市交通局のニュースリリースより)

「みなとぶらりシーバスチケット」では、みなとぶらりチケットのフリーエリアに、シーバスの1日乗り放題券をセットしたもので、ベイエリアの約80店舗・施設で使える特典に加え、横浜赤レンガ倉庫では同館内で使えるクーポンもプレゼントされるといいます。

みなとみらい地区から山下公園周辺・中華街や伊勢佐木町・元町、三溪園までの市営バスと、昨年7月に運行を開始した連接バス「ベイサイドブルー」(横浜駅東口~山下公園)の利用も可能。横浜駅から伊勢佐木長者町駅間の市営地下鉄ブルーラインもフリーエリアとなっています。

シーバス乗場の「横浜ベイクォーター」は、横浜駅東口からポルタ、そごう2階経由で徒歩7分の位置にある

横浜駅東口の「横浜ベイクォーター」から、みなとみらい(パシフィコ横浜付近)や赤レンガ倉庫(ピア赤レンガ)、山下公園を結ぶ水上交通「シーバス」も使えることで、観光の幅が広がりそうです。

なお、「みなとぶらりシーバスチケット」の販売は市営地下鉄横浜駅と高島町駅、桜木町駅、関内駅、伊勢佐木長者町駅の駅事務所ほか、横浜駅東口バス定期券発売所横浜駅東口シーバスのりば(横浜ベイクォーター2階)で行い、新横浜エリアでの販売は予定されていません。

【関連記事】

「連接バス」で直結、横浜駅~みなとみらいの主要スポットに新路線(横浜日吉新聞、2020年7月21日)

激変する「桜木町」の現状、横浜市役所の移転やロープウェイ計画まで(2020年7月6日)

【参考リンク】

みなとぶらりシーバスチケットを販売します(横浜市交通局、2021年7月20日)

水上バス「シーバス」の案内ページ(横浜駅東口・横浜ベイクォーター~みなとみらい<パシフィコ横浜付近>~赤レンガ倉庫<ピア赤レンガ>~山下公園)