新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

「小学生のアナウンス」で、10代が最多という熱中症のストップを呼び掛けます。

10代が最多という熱中症の予防を大綱小学校の4年生2人がアナウンス録音し呼び掛ける(6月29日)

10代が最多という熱中症の予防を大綱小学校の4年生2人がアナウンス録音し呼び掛ける(6月29日)

横浜市港北消防署(大豆戸町、吉田崇署長)は、市立大綱小(大倉山4、高橋亨校長)に熱中症予防の呼びかけの協力を依頼、オーディションにより選ばれたという2人が、先月(2021年)6月29日午前、同校内でアナウンス録音を初めて行いました。

1873(明治6)年5月から創立148年の歴史を誇る同校には、現在、約850人の児童が在籍。

そのうちの4年生約120人の中から選ばれた遠藤圭(けい)さん胡香里夏(えびすかりな)さんの2人が、熱中症予防の4つの注意喚起を呼び掛けるアナウンス文章を、それぞれ2件ずつ録音しました。

録音する文言について慎重に確認を行っていた

録音する文言について慎重に確認を行っていた

同消防署では、これまでは、熱中症による緊急搬送が増える毎年7月から9月にかけて、予防アナウンスを消防署の職員が録音していたとのこと。

直近の今年(2021年)5月1日から6月27日までのデータでは、10代の緊急搬送が最多に。

また、「昨年度(2020年度)の市内での救急搬送事例では、年代別で80代など高齢者が最多となり、孫世代のにあたる児童による(熱中症予防の)呼び掛けが最も有効と考えました」と、同消防署の谷口純希(よしき)さんの提案で、今回の小学生による初めての録音が実現したといいます。

小学生の録音は「初」、多言語アナウンス録音にも初挑戦

創立150周年を2年後に控える大綱小学校

創立150周年を2年後に控える大綱小学校

また同消防署の千葉陽(あきら)予防係長は、在留外国人が増えていることもあり、区内のネイティブスピーカーにボランティアを依頼し、多言語(英語、中国語、韓国語)での録音にも初チャレンジを行ったと語ります。

今回録音されたアナウンスは、同消防署の広報車をはじめ、点検などで出動するポンプ車などでも広報され、また港北区内の大倉山エルム通り商店街、レモンロード商店街綱島商店街の協力も得てスピーカーから流しているとのこと。

港北消防団や港北火災予防協会とともに「熱中症」の注意を呼び掛けるうちわを3千枚製作し地域ケアプラザなどで配布する予定とのこと(港北消防署提供)

港北消防団や港北火災予防協会とともに「熱中症」の注意を呼び掛けるうちわを3千枚製作し地域ケアプラザなどで配布する予定とのこと(港北消防署提供)

「6月以降、最高気温が25度を超える日も増え、特に30度を超えると救急搬送が増える傾向があり、熱中症へのさらなる注意が必要です」と千葉予防係長。

「コロナ禍」も第5波が懸念されており、まだまだマスク生活が続くことが予想されていることから、「こまめな水分補給などで熱中症を予防し、暑い夏を乗り切りってほしい」(同)と日々の熱中症対策を呼び掛けています。

【関連記事】

「夏休み」に火災予防のアイデアを、港北消防が“好評”ポスターコンクール(横浜日吉新聞、2021年6月16日)

「熱中症」予防には水分摂取を、真夏に増す心臓への負担にも注意呼びかけ(横浜日吉新聞、2019年7月11日)

【参考リンク】

熱中症に気をつけましょう(横浜市のサイト)※「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントについても記載

横浜市立大綱小学校のサイト

港北消防署からのお知らせ・イベント情報