新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

2年ぶりに菊名池などの市営公園プールが復活します。横浜市環境創造局は、今週(2021年)7月10日(土)から菊名池公園プール(菊名1)や綱島公園プール(綱島台)など市内26カ所の市営公園内にある屋外プールで営業を行います。

菊名池公園プールでは事前予約の受付も行われる予定(「横浜市公園プールがいど」より)

昨年は新型コロナウイルス禍で全面休止となっており、2年ぶりの営業にあたっては、感染対策として1日4回の入れ替え制とし、1回あたりの利用時間は2時間以内に制限。また、事前予約の受付や整理券の配布を通じ、1人あたり約2メートルの距離を確保できるよう、利用人数に上限を設けるとのことです。

菊名池公園プールの場合、1部が9時から11時、2部は11時20分から13時20分、3部が13時40分から15時40分、4部を16時から18時とし、入れ替え時に20分間の消毒時間を確保しています。

2年ぶりの営業となる菊名池公園プールは、25メートル・流水・子ども用と3つのプールを備える

営業期間は、一部のプールを除き9月5日(日)までの毎日9時から18時、子供用プールは16時まで。菊名池公園プールでは今週7月9日(金)からインターネット上で事前予約を受け付けるとのことです。

なお、神奈川県立の三ツ池公園(鶴見区)や保土ケ谷公園(保土ヶ谷区)、辻堂海浜公園(藤沢市)にある屋外プールは、今夏も営業しないことになりました。

また、屋内型のプールでは、東京2020オリンピックの開催にともない「日産ウォーターパーク」(小机町)は7月18日(日)から8月10日(火)まで休館し、「横浜国際プール」(都筑区北山田)は7月3日(土)から8月5日(木)までの期間はメインプールの利用ができなくなっています。

【関連記事】

菊名池や綱島、三ツ池などの「公園プール」、2020年夏はコロナ対策で営業中止(2020年6月15日、昨年は全面中止だった)

【参考リンク】

菊名池公園プールの案内ページ(横浜市公園プールがいど)

横浜市公園プールがいど(市内北部エリアの市営公園プール案内)

日産ウォーターパーク臨時休業のお知らせ(7月18日~8月10日休業)

県立都市公園の屋外プールについて、今夏の利用を中止します(三ツ池公園プールなど、神奈川県県土整備局)