新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

7月下旬の「夏休み期間」には臨時列車が復活することが決まりました。JR東海は来月(2021年)7月21日(水)から31日(金)の期間は、東海道新幹線で665本の臨時列車を全て運転すると発表しました。8月以降の運転計画は決定次第、通知するとしています。

3月下旬の春休み中、新横浜駅の新幹線切符売場は久しぶりに賑わいを見せていた

JR東海では、7月1日(木)から9月30日(木)までの92日間は、臨時列車も含めて東海道新幹線で1日平均349本の列車を運転する計画としていましたが、7月1日から20日(火)までの20日間については、計画していた全ての臨時列車の運転を取りやめることを決定。

一方、7月21日から31日は、当初の計画通り臨時列車も含め、1日平均364本の列車を運転する予定で、すでに乗車日の1カ月前から指定券の販売も開始。7月21日には首都圏を中心に「東京2020オリンピック」の競技が始まることから、一定の需要増が見込まれます。

今年の夏休みは、少しでも“コロナ前”に戻ることができるのでしょうか。

【関連記事】

<JR東日本・JR東海>GW中の乗車券類、2021年も手数料無しで払い戻し(2021年4月26日、GW期間は今年も「緊急事態宣言中」となっていた)

【参考リンク】

東海道新幹線 今後の運転計画について(7月1日~31日)PDF、時刻表も掲載)

新型コロナウイルス感染症の影響による運転計画について(JR東海、最新情報)

オリンピック競技スケジュール(7月21日~8月8日、東京2020大会組織委員会)