新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

松阪牛イタリア産の豚肉、多彩な調理法で味わう鶏肉など、東海道新幹線の新横浜駅“肉系駅弁”の新商品ラインナップが充実しています。今月(2020年)9月3日に発売されたばかりの高級弁当「牛めし 松阪」(税込み1480円)を筆頭に、肉本来の旨さを生かした3種の駅弁が揃いました。

税込み1480円の「牛めし 松阪」は9月3日から販売を開始した

東海道新幹線の車内や駅構内で、駅弁を販売するジェイアール東海パッセンジャーズが今月9月3日から売り出した「牛めし 松阪」は、同社が新横浜・品川・東京の3駅で取り扱う駅弁のなかでは、もっとも高価格帯となる税込み1480円

すき煮で仕立てた松阪牛を敷き詰めた“高級牛めし”で、松阪牛の旨味を堪能できるシンプルな一品。仕事を終えた後の新幹線車内で、プレミアムビールなどとともに味わいたくなるような駅弁です。

イタリア産の長期肥育豚「ドルチェポルコ」を使った生姜(しょうが)焼きなどを味わえる「ドン!!っと肉」は税込み1150円

新横浜など東海道新幹線の首都圏3駅では、このところ肉系駅弁の新作が相次いでおり、「牛めし 松阪」の登場により、“牛・豚・鶏”のそれぞれを使った3駅独自のラインナップが揃うことになりました。

豚肉では、「ドン!!っと肉」(税込み1150円)というユニークな名の商品が登場。イタリア産の長期肥育豚「ドルチェポルコ」を使った生姜(しょうが)焼きをメインとした“豚肉駅弁”ですが、黒毛和牛と三元豚を使ったというハンバーグも入っていて、まさに肉づくしといった構成です。

鶏の天ぷら用にカボス果汁の入った「ポン酢」も付いてくる「鶏三昧弁当」(950円)

鶏そぼろが印象的な「鶏三昧弁当」(税込み950円)は、鶏の天ぷら、つくね、照焼、棒々鶏(バンバンジー)と、揚げる、焼く、煮る、蒸すといったあらゆる調理法による鶏を味わえるのが特徴で、手ごろな価格感ながら食べ応えがあり、それでいて851キロカロリーと他の駅弁に比べて抑え気味となっています。

同社は「新横浜・品川・東京」の3駅を一つのエリアとみなして駅弁開発を行っているため、新横浜駅独自の駅弁というわけではありませんが、東海道新幹線に乗車する際の楽しみとして、一度味わってみてはいかがでしょうか。

JR横浜線の改札内で、新幹線との連絡改札口前(西のりかえ口)にある「デリカステーション」なら、新幹線に乗らない時でも駅弁を購入することができる

なお、新横浜駅の駅弁は、JR横浜線改札内のコンコースを含め、すべて改札内の売店でのみ販売されており、通常は朝朝6時の始発前から21時まで営業しています。

東海道新幹線「新横浜駅」など首都圏3駅の独自駅弁(2020年9月6日現在)

  • 【和】日本橋 幕之内(1,200円)
  • 【肉】牛めし 松阪(1,480円)
  • 【肉】ドン!!っと肉(1,150円)
  • 【肉】鶏三昧弁当(950円)
  • 【肉】チキン南蛮弁当(930円)
  • 【中華】中華弁当 七つの御菜と二つの御飯(1000円)
  • 【中華】焼売炒飯弁當(940円)
  • 【ご当地】深川めし(1000円)
  • 【ご当地】江戸甘からあげ弁当(900円)

)価格はすべて税込み。このほかの駅弁は名古屋や京都、新大阪など他の駅や車内販売と共通商品

)上記、ジェイアール東海パッセンジャーズ商品以外にも、新横浜駅では「シウマイ弁当」(860円、崎陽軒)なども販売されています

【関連記事】

新幹線・新横浜駅で「独自駅弁」が拡充、中華と唐揚げの2商品を新発売(2019年2月22日)

新横浜駅で唯一の“独自駅弁”は良心的な「かつ重」、構内の目立たない場所で販売(2017年7月31日、「駅弁」ではないが駅構内で買える新横浜独自の弁当)

【参考リンク】

東京・品川・新横浜駅での販売駅弁サンドイッチ(ジェイアール東海パッセンジャーズ)

東海道新幹線・新横浜駅での駅弁販売場所(ジェイアール東海パッセンジャーズ)