新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

「ハンギングバスケット」の空中花壇が、再び新横浜の街に彩りを与えています。

F・マリノス通りに復活した「ハンギングバスケット」は、16本のポール(グリーンポール)と新横浜駅前公園入口付近のスタンディング花壇に計37個、10月5日までの期間限定で設置されている(9月4日20時ころ)

F・マリノス通りに復活した「ハンギングバスケット」は、16本のポール(グリーンポール)と新横浜駅前公園入口付近のスタンディング花壇に計37個、10月5日までの期間限定で設置されている(9月4日20時ころ)

新横浜町内会(金子清隆会長)と、神奈川県内の花き業界関係者で構成する「神奈川県花き・植木振興地域協議会」(緑区三保町、神奈川県園芸協会内)は、F・マリノス通り(新横浜2)にある16本のポール(グリーンポール)と、新横浜駅前公園の同通り側入口付近(同)に設置されているスタンディング仕様のコンテナ花壇5カ所に計37個のハンギングバスケットを設置。通行人や地域住民の目を楽しませています。

2014(平成26)年に設立された同協議会は、県産花きのPRと消費拡大を図ることを目的とした「次世代国産花き産業確立推進事業」の一環として今回の取り組みを同町内会とともに実施したもので、花は県内で生産されたものを中心に使用しています。

ハンギングバスケットには「神奈川県産の花を使用しています」と、県産花きのPRと消費拡大を図ることを目的としていることを説明した札が付けられている

ハンギングバスケットには「神奈川県産の花を使用しています」と、県産花きのPRと消費拡大を図ることを目的としていることを説明した札が付けられている

先週(2020年)9月4日の午前中に、同協議会の構成団体の神奈川県農業振興課、同町内会の担当者や、ハンギングバスケットを製作した一般社団法人日本ハンギングバスケット協会神奈川県支部のメンバーらが来訪、暑さ厳しき天候下で設置作業を行ったといいます。

今回の設置は、来年(2021年)7月からの開催に日程が延期となった「東京2020オリンピック」に向けての“トライアル”として、「暑さに花がどの程度耐えられるかということをテストするために行われているものです」と、同町内会・美化環境部長の野村直樹さん

夜の新横浜の街を鮮やかに、そして華やかに彩る(9月4日20時ころ)

夜の新横浜の街を鮮やかに、そして華やかに彩る(9月4日20時ころ)

県の担当者も、「昨年のハンギングバスケットの設置の効果を通行人にアンケート調査したところ、高い評価を数多く得たこともあり、今年度の試験的な実施につながりました」と、今回のトライアルでの再設置に至った理由を説明します。

今回設置されたハンギングバスケットの維持管理は、水やりや見回りなども含めて、新横浜企業の奈良造園土木株式会社(新横浜1)が行っていく予定とのこと。

「雨上がりの朝のハンギングバスケットをぜひ見に来てもらえたら」と新横浜町内会・美化環境部長の野村さんはその鑑賞のポイントを語る(9月4日16時30分ころ)

「雨上がりの朝のハンギングバスケットをぜひ見に来てもらえたら」と新横浜町内会・美化環境部長の野村さんはその鑑賞のポイントを語る(9月4日16時30分ころ)

昨年も、10月12日の台風19号襲来時に、ハンギングバスケットを屋内に「避難」させることで、花を「町内会」で守ったエピソードがあったと、野村さんは早くも懐かしそうに当時を振り返り、しみじみとその想い出を語ります。

新型コロナウイルス感染症の影響もあり、今年の設置予定が延期となり、この時期でのトライアルになったとのことで、野村さんは、「特に雨上がりの朝は、ハンギングバスケットの花たちが、水をよく吸って生き生きとしています。期間限定での展示となりますので、ぜひその美しさをぜひ見に来てもらえれば」と、花と緑で彩る新横浜の街の魅力を、再び地域内外に広くアピールしていきたい考えです。

【関連記事】

港北区民らの手で“空中花壇”、ラグビーW杯観戦者を「おもてなし&ナビ」(2019年9月19日)

オフィス街の新横浜を「花と緑の街」に、W杯や五輪控え企業も緑化活動を支援(2019年5月9日)

新横浜町内会と港北区、駅前公園に大雨対策&緑化で「レインガーデン」を初設置(2018年11月5日)

【参考リンク】

次世代国産花き産業確立推進事業~国産花きイノベーション推進事業の事業実績(神奈川県園芸協会のホームページ)※ラグビーW杯期間中(9/19-11/5)の新横浜駅前ハンギングバスケットの展示を紹介