新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

新横浜・小机発の可愛らしいグッズが誕生しました。新横浜公園を管理する公益財団法人横浜市スポーツ協会などの共同事業体は、同公園をイメージしたデザインオリジナルグッズ9商品(12種類)を開発し、きのう(2020年)8月20日(木)からサイト上で販売を始めています。

新横浜公園の形を模した芝犬(しばいぬ)のキャラクターが特徴的なオリジナルグッズ(販売サイトより)

開発されたオリジナルグッズは、エコバッグ(税込1650円)やフェイスタオル(税込1320円)、ポケトル(小型水筒)(税込1320円)、Tシャツ(税込2200円)、キーホルダー(キーチェーン)(税込660円)などで、いずれも新横浜公園の形をした“芝犬(しばいぬ)”と名付けられたキャラクターがデザインされており、目の部分は日産スタジアムの形となっています。

同公園の指定管理者となっている横浜市スポーツ協会などの共同事業体によると、公園内にある日産スタジアムは全国的に広く知られている一方、公園自体の知名度は地元以外で必ずしも高くはなく、「グッズを通じて公園に親しみを持ってほしい」(同共同事業体)との思いからプロジェクトを立ち上げ、開発にこぎつけたものだといいます。

8月20日に公開されたオリジナルグッズの販売サイト

開発にあたっては、「Sugar Land(シュガーランド)」ブランドで知られるキッチン雑貨メーカーの株式会社逸品社(北新横浜1)や、オリジナルウェア制作の株式会社カメオカ(都筑区池辺町)など、横浜市内に本社を置く7社がデザインや製作を担っており、“メイドイン横浜製品”となっているのも特徴です。

購入はサイトでの通信販売に加え、9月以降は、日産ウォーターパークやスポーツ医科学センターの建物内にある「ふれあいショップ・ばぁーすでぃ」でも取り扱う予定。新横浜公園の利用者はもちろん、新横浜・小机発の土産やギフトとしても活用できそうです。

【参考リンク】

新横浜公園オリジナルグッズ「SHINYOKO PARK」の販売サイト(2020年8月20日公開)

新横浜公園オリジナルグッズについて(新横浜公園公式サイト)