新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

鶴見川へ越冬にやってくる野鳥などの生きものを観察してみませんか。港北区は区内の小学生以上を対象とした「港北水と緑の学校」の一環で来月(2019年)11月9日(土)に新横浜公園「足もとの自然再発見!新横浜公園生きもの観察」を行います。

11月9日(土)午前に新横浜公園で開かれる「足もとの自然再発見!新横浜公園生きもの観察」の案内チラシ(イベント紹介ページより)

自然が多く残る新横浜公園の水辺には多くの生きものが生息し、この時期になると、めずらしい野鳥もやってきますが、知識がないとなかなか気づきづらいもの。

今回のイベントでは、実際に双眼鏡(貸し出しあり)を手に新横浜公園を詳しいガイドとともに歩きながら、モズやカワセミ、ノスリといった鳥の観察を実施。また、近くにある防災施設「鶴見川流域センター」の見学も行われます。

開催時間は9時30分から12時30分まで。対象は小学生以上の40人で、小学生は保護者の同伴が必要です。参加申し込みは11月8日(金)までにNPO法人鶴見川流域ネットワーク(045-546-4337)へ電話やFAX、Eメールなどで。雨天の場合は翌日に順延となります。

【参考リンク】

11月9日(土)午前開催「足もとの自然再発見!新横浜公園生きもの観察」(主催:港北区役所)の案内(NPO法人鶴見川流域ネットワーク)

グーグル配信による広告と関連記事の紹介