港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

子どもと一緒に鶴見川の魚を観察してみませんか。「鶴見川流域センター」(小机駅徒歩約10分)は、今月(2019年5月)25日(土)の午前中に体験型イベントの「鶴見川多目的遊水地見学会と鶴見川の生きもの観察(魚編)」を開きます。

5月25日(土)の午前中に開かれる「鶴見川多目的遊水地見学会と鶴見川の生きもの観察(魚編)」のチラシ(鶴見川流域ネットワーキングの案内ページより)

当日は鶴見川流域センターに9時45分までに集合し、同施設の正面付近に広がる「鶴見川多目的遊水地」を見学したのち、鶴見川の「亀甲橋(かめのこばし=亀の甲橋・亀の子橋)」付近まで歩いて移動。ここで網とバケツを持って鶴見川の魚を観察する予定となっています。

参加対象は小学校1年生以上と保護者あわせて30名で、参加費は300円。FAXなどで事前の申し込みが必要です。開催時間は9時45分から12時45分まで、雨天の場合は翌26日(日)に延期となります。

【関連記事】

来場者は右肩上がり、小机の「鶴見川流域センター」が伝え続ける身近な川の魅力と怖さ(2017年5月3日)

【参考リンク】

5月25日(土)午前開催「鶴見川多目的遊水地見学会と鶴見川の生きもの観察(魚編)」について(鶴見川流域ネットワーキング)

鶴見川流域センター

グーグルからの配信による広告