新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

ハロウィンの最終盤を、地元地域での交流で盛り上げます。

地元金融機関が保育園をサプライズ訪問で園児たちもびっくり。「ハロウィン」関連の手作り品などがプレゼントされた(横浜保育室キッズラディ、2019年10月30日)

地元金融機関が保育園をサプライズ訪問で園児たちはびっくり。「ハロウィン」関連の手作り品などがプレゼントされた(横浜保育室キッズラディ、2019年10月30日)

環状2号線沿い、太尾新道交差点近くにある横浜市認定「横浜保育室」のキッズラディ(株式会社極真会館メディカルマネジメント経営、大豆戸町)に、地元の金融機関から、恒例となったハロウィン行事を盛り上げるための“手作りプレゼント”が届けられました。

きのう(2019年)10月30日午後、同園を、新横浜駅前の円形歩道橋近く、セントラルアベニュー(宮内新横浜線)沿いにある城南信用金庫新横浜支店(新横浜2)の森義範支店長畠山弥生さんの2人が訪問。

同金庫内で「仕事の合間を縫い、社員・スタッフで作成した」という帽子・アイマスクや風船を、同園に初めてプレゼントしました。

「ハロウィン」デザインの風船にも園児たちは大喜び(同)

「ハロウィン」デザインの風船にも園児たちは大喜び(同)

森支店長が着任以降、同金庫の職員らにより、今年春から夏にかけて、「家族」を描いた園児の作品を店頭に展示する企画を行ったことがきっかけとなり、両者の交流が生まれることになったといいます。

このお礼にと、園児たちが手作りした七夕飾りを、同金庫内の装飾用にプレゼント。さらに同金庫が主催する「新横祭り」イベントに園児が招待されるなど、少しずつ「異なる業態」を超えた交流を日々深めてきたと森支店長は説明します。

園児たちは、森支店長、畠山さんが「登場」するやいなや、大きなあいさつと歓声で2人を出迎え。ハロウィン気分を盛り上げる一つひとつのプレゼントに笑顔を見せていました。

セントラルアベニュー(宮内新横浜線)沿いにある城南信用金庫新横浜支店には、同園の園児たちの作品が飾られている(10月30日)

セントラルアベニュー(宮内新横浜線)沿いにある城南信用金庫新横浜支店には、同園の園児たちの作品が飾られている(10月30日)

きょう10月31日のハロウィン本番となる日には、同園の園児らが新横浜の街をハロウィン・パレードと称し巡回する予定にもなっているとのことで、「このような素晴らしいプレゼントに感激しています。当日の“ハロウィン・パレード”も盛り上げていきたい」と、同園園長の稲田大介さんも今回のプレゼントを大いに喜びます。

同金庫の畠山さんは、「想像以上に子どもたちがプレゼントを喜んでくれて、その反響に大変驚きました」と、プレゼントできた瞬間の喜びを語ります。

現在も、園児の作品を店頭に掲示することで、園児の家族や関係者のみならず、同店の来客や通行する人々にも好評を博しているといい、森支店長は、「園児たちが作った作品なども、発表の場がないといわれる時世の中、こういった交流をできることに社会的な意義を感じます」と、これからも園児の未来につながる社会参加の試みの一環としての交流を、より推し進めていきたい考えです。

【関連記事】

新横浜の信金が8/8(木)に初の夏祭り、保育園児も招きミニ縁日も(2019年8月6日)※横浜保育室キッズラディの園児も招待された

地域密着の金融機関がグルメ冊子、新横浜・小机など20店舗を職員が取材(2019年10月16日)

なりすまし詐欺に要注意、9/13(金)に新横浜の信金で防犯キャンペーン(2019年9月12日)

<新横浜・小机>地元信金の両支店がラグビーPR展示、地域からイベント盛り上げへ(2019年4月3日)

【参考リンク】

城南信用金庫公式サイト

店舗のご案内~新横浜支店(同)※「営業店の取組み」を右下のリンクから閲覧できる

横浜保育室キッズラディ(株式会社極真会館メディカルマネジメント)

突然ですが・・・。城南信用金庫新横浜店様に絵を飾っています(横浜保育室キッズラディ)[PDFファイル]

グーグル配信による広告と関連記事の紹介