港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞
週間ランキング

週間ランキングこの一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。今月(2018年7月)20日(金)から26日(木)までの7日間で計9万5247ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、6月11日に公開した「今週7/26(木)夜の『新横浜花火大会』に10万人来場予測も、JRなど交通機関が警戒」の記事でした。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は表示回数(ページビュー=PV)と記事公開日。

  1. 今週7/26(木)夜の「新横浜花火大会」に10万人来場予測も、JRなど交通機関が警戒(7月24日、15,595)
    → JR東日本が最大10万人来場を予測のうえ臨時増発も計画し、東急バスも日産スタジアムを経由しない短縮運転を決定。当日は菊名や新横浜駅に多数の駅員を配置する厳戒態勢を整え、新横浜の街中にも無数の係員・警備員や警察官が配置されました。一体、どれだけの客が来るのかと恐れていたら、日産スタジアムでのJリーグ公式戦開催時よりも空いているという感じで、混雑はあまり見られませんでした。来場者は地元の港北区民らしき人が目立っていたようにも見えました。
    来場者数予測が外れたのか、それともあえて“花火大会本番”となる次回(2019年)やラグビーW杯を想定しての態勢だったのかはわかりませんが、今後、今回の花火大会の総括についても調査してまいります。一人の観覧者としては非常に快適な環境でしたが、来年は、このようにはいかないのかもしれません
  2. 港北区で19年ぶり「花火大会」、7/26(木)に鶴見川沿いの新横浜公園から4000発(6月11日、7,509)
    → 7週連続でのランキング登場です。花火当日は鶴見川沿いの歩道には目隠し用の網が延々と張られ、警備員が数十メートルおきにいて、厳重に警備していました。ライブの開始時間が5分ほど遅れたので、花火のスタートも遅れるかと思ったら、きっちりライブも19時15分がフィナーレとなって打ち上げが始まり、30分後の19時45分には終わって観客も整然と帰路についていたのが印象的でした。なお、記事の下部に当日の写真を多数掲載しています。
  3. 新横浜花火大会で「IKEA港北」が屋上を観覧者に開放、7/26(木)18時45分から(7月24日、6,396)
    → 花火の打ち上げ地点からかなり近い「IKEA港北」。当日は多数が訪れていたとのこと。区内では師岡町の「トレッサ横浜」から見た方も多かったようです
  4. 「新横浜花火大会」で混雑状況をリアルタイム把握へ、NECと横浜国大が実証実験(7月19日、3,498)
    → 2週連続でのランキング登場。日産スタジアム東ゲート入口付近のNEC特設ブースで混雑状況をデジタルサイネージで報告していました
  5. 2018年の「盆踊り」や「夏祭り」、港北区南部エリアで7月下旬から本格化(7月19日、3,274)
    → 2週連続でのランキング登場。今週末は大倉山の大綱中学校などで盆踊りが行われる予定ですが、台風接近で開催は厳しくなりそうです
  6. <東急菊名駅>JRとの乗り換えを“直線化”、7/29(日)から東急側に「中央改札」(7月20日、2,688)
    → これまで“回り道”をする形で乗り換えていましたが、29日からは東急とJRの乗り換え口が直線で結ばれ、距離的にも心理的にも近くなります。すでに今週から改札口工事の様子が見えるようになっていました
  7. 2018年の新横浜駅前「盆踊り」は今週末、7/20(金)・21(土)夜に西広場で(7月17日、2,512)
    → 2週連続でのランキング登場。先週行われた新横浜駅前での盆踊り、「炭坑節」や「きよしのズンドコ節」といった定番曲だけでなく、「恋するフォーチュンクッキー」や荻野目洋子の「ダンシングヒーロー」なども流され、参加者の年齢も幅広く、全員が見事に踊って盛り上がっていたことに関心させられました
  8. 子どもに人気の「篠原園地プール」は今夏で廃止、8/31(金)まで最後の営業(7月20日、1,276)
    → 神奈川県が運営する篠原台町の小さな無料プール。老朽化で廃止となりました。高校や警察以外で県の施設が少ない港北区だけに、何とか残してほしかった気がします
  9. <相鉄直通線>羽沢横浜国大駅の建設は順調、JR側の次駅は「武蔵小杉」か(1月18日、931)
    → 27週連続でランキング登場となりました
  10. アリーナ通りの「グルメビル」は8/27(月)開店、全10店がランチ時も営業(7月26日、888)
    → 飲食店ビルに挟まれた駐車場跡地に作られた10階建てのビル「GEMS(ジェムズ)」。10の飲食店すべてがランチ営業を行うのも特徴で、新横浜のランチスポットが増えることになります

※日吉・綱島・高田エリアの週間ランキングはこちら

グーグルからの配信による広告