新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

「4年ぶり」の城址まつりは、これまでになかった“復活スタイル”での開催となりそうです。

新型コロナ前の最後の開催となった「小机城址まつり」のパレード。今回は発着地点が変更となる(2019年5月)

新型コロナ前の最後の開催となった「小机城址まつり」のパレード。今回は発着地点が変更となる(2019年5月)

主に城郷地区連合町内会からなる小机城址まつり実行委員会は、今週(2023年)1月9日(月・祝)に会合をおこない、4月23日(日)「第28回小机城址まつり」を開催することを決定。

各方面に働きかけをおこなうなど、開催の準備を加速することになりました。

前回開催された2019年の「第27回」開催時は、統一地方選挙の影響で5月の開催となっていましたが、今回は4月中に実施することに。

小机堀崎町内会館で話し合った結果、2023年「小机城址まつり」の開催を決定した(1月9日)

小机堀崎町内会館で話し合った結果、2023年「小机城址まつり」の開催を決定した(1月9日)

新型コロナウイルス感染症対策の観点から会合なども最小限におこなってきたこともあり、中世小机の歴史を伝える城址「小机城」にちなんだ武者行列については、規模を縮小しての開催となる見込みです。

これまでのメイン会場となっていた「小机城址市民の森」について、雨天時などの坂道の危険性についての意見が寄せられていたこと、また、幹線道路として使用されているパレードのメイン街道「横浜上麻生線」の道路渋滞などへの懸念もあることから、武者行列・パレードの発着地点を変更

前回中止となってしまったパンフレットを手に。「コロナ禍」の影響もありいままで通りの規模感にはならないが、新しい形での「小机城址まつり」の準備を進めていく予定

前回中止となってしまったパンフレットを手に。「コロナ禍」の影響もありいままで通りの規模感にはならないが、新しい形での「小机城址まつり」の準備を進めていく予定

JR小机駅前の雲松院(うんしょういん)(小机町)からスタートし、徒歩約7~8分(約600メートル)の距離にある金剛寺(同)までの区間とする予定で調整をすすめているとのことです。

スタート地点は小机駅にも近い「雲松院」付近を予定

スタート地点は小机駅にも近い「雲松院」付近を予定

実行委員長同連合町内会の牧義一会長(小机土井町内会会長)は、「4年ぶりの開催とあり、運営側のメンバーにも変更が生じています。初トライとなる部分も多くありますが、各方面への打診をおこない調整を進めていくことができれば」と、4月の開催に向けての準備を加速していく考えです。

ゴールは「金剛寺」を予定。感染症対策や道路渋滞などへの意見もあるといい、武者行列やパレードも規模を縮小しての開催になるという

ゴールは「金剛寺」を予定。感染症対策や道路渋滞などへの意見もあるといい、武者行列やパレードも規模を縮小しての開催になるという

なお、ステージや模擬店などについても現段階では未定となっており、「新型コロナウイルス感染症対策も講じた上で、まずは無事に再開できることを目標にイベントを盛り上げていくことができれば」(牧会長)とのことです。

【関連記事】

・【開催中止の記事】<新型コロナ>“港北区三大祭り”は2つ中止に、「小机城址まつり」も断念(2020年4月7日)※2021年、2022年も中止となった

・【過去の告知記事】中世の歴史伝える武者行列にも注目、2019年「小机城址まつり」は5/19(日)に(2019年5月14日)

【荒天予報のため武者行列などは中止】2018年の「小机城址まつり」は4/15(日)、武者など500人が城址までパレード(2018年4月11日)※道路渋滞、また悪天候時のケガなどの懸念もあり、2023年は発着地点を変更することになった

【参考リンク】

小机城址まつり(港北区地域振興課)※令和5(2023)年開催については未掲載