新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

2年ぶりの「出初(でぞめ)式」港北公会堂で――地域で活動する功労者を称え、新たな一年の防火・防災への想いを共有しました。

2年ぶりの「港北区消防出初式」は港北公会堂で開催された(1月8日)

2年ぶりの「港北区消防出初式」は港北公会堂で開催された(1月8日)

きのう(2022年)1月8日(土)10時から、港北公会堂(大豆戸町)で開催された「令和4年港北区消防出初式・消防功労者表彰式」。

例年は、港北区を代表する新春イベントとして多くの参加者を集めての「消防出初式」を日産スタジアム(小机町)の屋外駐車場スペースで盛大におこなってきましたが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、昨年(2020年)の開催は中止となっていました。

来賓を代表して鵜澤聡明港北区長があいさつ。山中竹春横浜市長のメッセージを代読、日々の消防活動への感謝の言葉を述べていた

来賓を代表して鵜澤聡明港北区長があいさつ。山中竹春横浜市長のメッセージを代読、日々の消防活動への感謝の言葉を述べていた

今年は、港北消防署港北消防団港北区連合町内会港北火災予防協会港北区自衛消防組織連絡協議会などの「港北区消防出初式実行委員」のほか、来賓としての港北区長港北警察署長港北区選出の議員や、消防功労者の表彰受賞者など約180人が来場(※2022年1月11日追記:主催者によると、予定数が180人で、実際には150人程度の来場だったとのこと)。

検温、マスク着用、ソーシャルディスタンスの確保といった感染症対策をおこないながら、2年ぶりの開催となった年始ならではの“新年初顔合わせ”の時間を共有していました。

横浜市の松原正之消防局長の代理として伊藤賢司(たかし)横浜ヘリポート空港長が局長表彰をおこなった

横浜市の松原正之消防局長の代理として伊藤賢司(たかし)横浜ヘリポート空港長が局長表彰をおこなった

今回の表彰式では、神奈川県知事表彰横浜市長表彰のほか、横浜市消防局長表彰港北消防署長表彰港北消防団長表彰が順次おこなわれ、壇上や席上で受賞者を紹介。

代表者が表彰状を受け取り、日頃からの防火・防災活動への労を労(ねぎら)い、その活躍を称えたほか、この日のために編集制作された消防団・消防署の活動を紹介する映像作品も上映。

“迫力”の放水シーンも映像の締めくくりに流すなど、“出初式”らしさを意識した演出で一年のスタートを印象付けていました。

表彰式では大きな拍手と笑顔も多くみられた

表彰式では大きな拍手と笑顔も多くみられた

港北区内では、2020年2月以降、新型コロナウイルス感染症の影響により大型イベントの中止が相次いできたほか、今年も港北区の“三大祭り”とされる「大倉山観梅会」や「綱島公園桜まつり」「小机城址まつり」がおこなわれない予定となっています。

毎年1月に区の関係者が集って新年のあいさつを交わす「賀詞交歓会」も、昨年に続き中止となっていることもあり、今回の「出初式」開催により、地域における消防署や消防団の活動実績、また防火や防災に対しての決意を共有できたばかりでなく、地域活動をおこなう人々の貴重な情報交換の場としての役割を果たす“一大イベント”としての成功をおさめたといえそうです。

この日のために制作された「令和4年港北区消防出初式」動画(写真)を上映、ラストは放水シーンで締めくくった

この日のために制作された「令和4年港北区消防出初式」動画(写真)を上映、ラストは放水シーンで締めくくった

【当日の様子】

例年と異なり港北公会堂での開催となった「令和4年港北区消防出初式」

例年と異なり港北公会堂での開催となった「令和4年港北区消防出初式」

広々とした公会堂での空間に、新年らしい「緊張感」がみなぎっていました

広々とした公会堂での空間に、新年らしい「緊張感」がみなぎっていました

主催者「港北区消防出初式実行委員」の皆さんが壇上に

主催者「港北区消防出初式実行委員」の皆さんが壇上に

鵜澤区長、港北警察署の田村淳一署長も来賓として紹介されていました

鵜澤区長、港北警察署の田村淳一署長も来賓として紹介されていました

新春の第一声「開式の言葉」を実行委員で港北区連合町内会(篠原地区連合自治会)の川島武俊会長が担当

新春の第一声「開式の言葉」を実行委員で港北区連合町内会(篠原地区連合自治会)の川島武俊会長が担当

港北火災予防協会の吉山昌秀会長も実行委員としてあいさつ

港北火災予防協会の吉山昌秀会長も実行委員としてあいさつ

実行委員としての港北区連合町内会・関治美副会長(新吉田あすなろ連合町内会会長)の姿も

実行委員としての港北区連合町内会・関治美副会長(新吉田あすなろ連合町内会会長)の姿も

横浜市港北消防署の吉田崇署長が「消防署長表彰」をおこないました

横浜市港北消防署の吉田崇署長が「消防署長表彰」をおこないました

表彰された消防団員も席上で紹介

表彰された消防団員も席上で紹介

港北消防団長表彰は飯田孝彦団長から表彰状が手渡されていました

港北消防団長表彰は飯田孝彦団長から表彰状が手渡されていました

港北区選出の国会議員、神奈川県議会議員、そして横浜市会議員も来賓として招かれていました

港北区選出の国会議員、神奈川県議会議員、そして横浜市会議員も来賓として招かれていました

1年間の活動を振り返る「港北区消防出初式」動画(写真)を上映。1年延期となった東京2020大会のテロ訓練についてなども振り返っていました

1年間の活動を振り返る「港北区消防出初式」動画(写真)を上映。1年延期となった東京2020大会のテロ訓練についてなども振り返っていました

新綱島駅でおこなわれた土砂災害対策訓練の様子も紹介されていました(「令和4年港北区消防出初式」動画より)

新綱島駅でおこなわれた土砂災害対策訓練の様子も紹介されていました(「令和4年港北区消防出初式」動画より)

前年よりも「5倍」の応募があったというポスターコンクールの選考風景も(「令和4年港北区消防出初式」動画より)

前年よりも「5倍」の応募があったというポスターコンクールの選考風景も(「令和4年港北区消防出初式」動画より)

この日も映像を収録していた「港北ふるさとテレビ局」が制作協力。放水シーンで幕を閉じた作品が上映されると大きな拍手が沸き起こり、防災・防火への決意や想いを共有していました

この日も映像を収録していた「港北ふるさとテレビ局」が制作協力。放水シーンで幕を閉じた作品が上映されると大きな拍手が沸き起こり、防災・防火への決意や想いを共有していました

吉田署長と飯田団長が謝辞を述べていました

吉田署長と飯田団長が謝辞を述べていました

吉山会長が「閉式の言葉」を述べ出初式が終了しました

吉山会長が「閉式の言葉」を述べ出初式が終了しました

「ソーシャルディスタンス」に配慮しながらもロビーには穏やかな新年らしい雰囲気が。吉田署長と飯田団長が来場者を見送っていました

「ソーシャルディスタンス」に配慮しながらもロビーには穏やかな新年らしい雰囲気が。吉田署長と飯田団長が来場者を見送っていました

小机町の松本勝彦さんから1月7日(金)に港北区役所に贈呈されたという「野菜の宝船」が区役所から持ち込まれ展示されていました

小机町の松本勝彦さんから1月7日(金)に港北区役所に贈呈されたという「野菜の宝船」が区役所から持ち込まれ展示されていました

議員代表としてあいさつをおこなった横浜市会の福地茂議員も消防団員として表彰を受けたとのこと、帰路には笑顔がこぼれていました

議員代表としてあいさつをおこなった横浜市会の福地茂議員も消防団員として表彰を受けたとのこと、帰路には笑顔がこぼれていました

日吉地区連合町内会の小島清会長(左)、綱島地区連合自治会の佐藤誠三会長の姿も。区内13地区の連合町内会長らも来場し笑顔を見せていました

日吉地区連合町内会の小島清会長(左)、綱島地区連合自治会の佐藤誠三会長の姿も。区内13地区の連合町内会長らも来場し笑顔を見せていました

貴重な新年の「初顔合わせ」の場として語らう姿が見られました

貴重な新年の「初顔合わせ」の場として語らう姿が見られました

実行委員の吉山会長もその大役を終え、笑顔で会場を後にしていました

実行委員の吉山会長もその大役を終え、笑顔で会場を後にしていました

「土曜開庁日」だった港北区役所には、ポスターコンクールの入賞作品が展示されていました。「コロナ禍」もあり、防火、そして防災の大切さを地域により広げていくための活動がより一層求められることになりそうです

「土曜開庁日」だった港北区役所には、ポスターコンクールの入賞作品が展示されていました。「コロナ禍」もあり、防火、そして防災の大切さを地域により広げていくための活動がより一層求められることになりそうです

【関連記事】

2021年もイベントは厳しい状況、「消防出初式」や「大倉山観梅会」は中止(2020年12月14日)※昨年の開催中止について

子どもたちの“声”で火災予防を、港北消防が菊名小で「アナウンス録音」(2021年10月29日)

10代の「熱中症」増加に注意、大綱小で予防アナウンス初録音(2021年7月7日)

「夏休み」に火災予防のアイデアを、港北消防が“好評”ポスターコンクール(横浜日吉新聞、2021年6月16日)

【参考リンク】

【お知らせ】令和4年港北区消防出初式について~港北消防署からのお知らせ・イベント情報(消防局港北消防署総務・予防課)※動画は後日「ダイジェスト版」として公開予定とのこと