新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

横浜市経済局は、「成長産業立地促進助成制度」を活用して2019年1月から12月までに市内へ誘致した企業11社のうち、7社が新横浜に拠点を置いていることをこのほど公表しました。

アリーナ通りのもっとも新横浜1丁目寄りにある「第1竹生ビル」(写真右側)にはイギリス企業が拠点を置いた

この制度は「環境・エネルギー」「健康・医療」「観光・MICE」「IT」「製造業」といった各分野の市外企業を対象とし、横浜市へ初めて進出する際、賃料などの経費を最大で1000万円まで助成するもの。2019(令和元)年度は、2016(平成28)年度の20社以来の2桁となる11社を誘致し、うち7社が新横浜に拠点を置きました。

同助成制度を活用し、新横浜に拠点を置いた企業は次の通り。会社名の部分から公式サイトへリンクしています。末尾のカッコ内は進出先のビル名。

  • AB Dynamics 合同会社(ABダイナミクス、イギリス):全世界の自動車産業への統合試験システム及びサポートサービスの提供(進出先:新横浜2丁目「新横浜第1竹生ビル」)
  • GOKE JAPAN 株式会社(ゴークジャパン、中国):半導体集積回路等電子部品の企画、設計、開発、製造及び販売(進出先:公式サイトに住所未掲載)
  • 株式会社 水素パワー:FCVの水素燃料電池MEA、電極、スタックの研究開発及び生産販売(進出先:新横浜3丁目「KCビル」)
  • 株式会社 放電精密加工研究所:金型及び機械部品・金属製品等の製造及び受託加工並びに販売、自動車用プレス部品・センサー部品・自動車部品の表面処理(進出先:新横浜3丁目「イノテックビル」)※JASDAQスタンダード上場
  • ドゥカティ・ジャパン 株式会社(イタリア):オートバイ及びその各部品、付属品、アパレル製品の輸入卸販売、オートバイの整備・補修(進出先:公式サイトに住所未掲載)
  • 日本華翔 株式会社(中国):自動車/EV車に関する内外装・車体・光学部品関連の開発・設計・マーケティングなど(進出先:新横浜2丁目「アプリ新横浜ビル」)
  • ネクステアオートモーティブジャパン 合同会社(アメリカ):自動車部品及び自動車関連部品の製造・サポート(進出先:新横浜2丁目「アーバス新横浜ビル」)

【関連記事】

港北区内の上場企業は30社に、厚木市の金属加工老舗が新横浜へ本社移転(2019年11月1日、放電精密加工研究所の移転について)

【参考リンク】

令和元年度 横浜市成長産業立地促進助成制度「自動車関連企業や外資系企業など11社が横浜市に進出しました」(横浜市経済局、2020年3月26日)

「横浜市成長産業立地促進助成」について(横浜市経済局)