新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

来年(2020年)1月から港北区内に本社を置く上場企業が1社増えて合計30社となります。厚木市に本社を置く株式会社放電精密加工研究所(=HSK、工藤紀雄社長)はこのほど、新横浜3丁目のイノテックビルに本社を移すことを発表しました。

厚木市に本社を置く放電精密加工研究所(HSK)の公式サイト

放電精密加工研究所は、人工発生させた電気(雷)エネルギーを使った金属加工技術「放電加工」を中心とした老舗企業で、放電加工事業に加え、住宅のアルミ窓枠や、自動車・鉄道車両などのアルミ部品といった金型事業も主力。

同社は1961(昭和36)年川崎市下平間で創業し、1994(平成6)年からは工場を置く厚木市飯山を本社とし、愛知県春日井市小牧市、岡山県赤磐市、千葉県成田市などに工場を置いています。

東京証券取引所の「JASDAQスタンダード」に上場しており、2019年5月期の連結売上は116.8億円、営業利益は9.5億円。連結の従業員数は435人(2019年5月)で、放電加工の事業者としては国内最大規模とされています。

アリーナ通りに面した14階建てのイノテックビル(写真奥)

新横浜への本社移転は、事業力の強化を目的に10月17日付けで決定し、現時点では来年1月上旬にイノテックビルの11階フロアに入居する予定。

イノテックビルは、東証一部上場の半導体関連企業であるイノテックのほか、ドラッグストア業界7位規模のココカラファインが本社を置いており、放電精密加工研究所の入居により、区内の上場3社が本社を置くことになります。

【関連記事】

新横浜などの区内上場23社が「通期決算」を発表、自動車関連は苦戦も(2019年5月27日、港北区内の上場企業一覧)

新横浜3のココカラファイン、「マツキヨ」との経営統合を協議へ(2019年8月15日、同じイノテックビルに本社)

焼き菓子メーカー「プレシア」が新横浜から撤退、厚木市の新工場へ本社移転(2018年11月28日)

【参考リンク】

放電精密加工研究所の公式サイト

放電精密加工研究所の株価情報(Yahoo!ファイナンス)

グーグル配信による広告と関連記事の紹介