新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

東海道新幹線「こだま」号の自由席が少し変わります。JR東海は来年(2020年)3月14日(土)にダイヤ改正を行うのに合わせ、こだま号の自由席車両の号車を変更すると発表しました。

16号車にあった喫煙車の指定席が7号車(禁煙)に移動する形となる(JR東海のニュースリリースより)

これは15号車(自由席)と16号車(指定席)を喫煙車両としていた旧型の「700系」車両を廃止し、こだま号に全車禁煙の「N700系」が導入されることにともなうもの。

階段などから比較的近い編成の真ん中付近の7号車から12号車に指定席(3両)とグリーン車(3両)を集め、残る1号車から6号車と、13号車から16号車までの両端に近い位置から計10両の自由席車が設定されることになりました。なお、一部列車では13・14号車が指定席となる列車があるとのこと。

新横浜駅の両端に向かって歩けば「こだま号」の自由席車が見つかる

3月14日以降に新横浜駅から小田原や熱海などこだま号の自由席で移動する際は、ホームの両端へ向かって歩くという形になります。

【関連記事】

東海道新幹線の車両を統一へ、喫煙車もあった旧型「700系」は3月廃止(2019年12月13日)

【参考リンク】

2020年3月ダイヤ改正について~「のぞみ12本ダイヤ」をスタートしますPDF、JR東海)