新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

来月(2019年)6月1日(土)は、スマートフォン(スマホ)の歩数計アプリを利用してふるさとまつりへ――横浜市港北区役所は、港北区制80 周年記念事業の一環として、横浜市が利用を推奨している「よこはまウォーキングポイント」歩数計アプリを使用したスタンプ獲得イベント「2019ふるさと港北ふれあいまつりへ行こう」を実施します。

2018年4月からスタートした「歩数計アプリ」は、「よこはまウォーキングポイント」サイトからダウンロードして使用できる(横浜市健康福祉局のサイトより)

2018年4月からスタートした「歩数計アプリ」は、「よこはまウォーキングポイント」サイトからダウンロードして使用できる(横浜市健康福祉局のサイトより)

多くの人々にとって、気軽に楽しみながら継続して健康づくりに取り組むきっかけにしてもらうとともに、スタンプや景品の獲得場所となる、港北区制80周年記念開催となる「2019ふるさと港北ふれあいまつり」も楽しんでもらえるという企画として行われることになりました。

歩数計アプリをダウンロードし、指定場所でスタンプを獲得すると、ふるさとまつりの会場で、港北区のキャラクター「ミズキー」のイラストが入ったタオルが、先着500人にプレゼントされる予定とのことです。

「よこはまウォーキングポイント」「歩数計アプリ」とは

「よこはまウォーキングポイント」は、「日常生活の中で、気軽に楽しみながら健康づくりに取り組んでもらいたい」と、横浜市が参加を推奨しているポイント事業で、2014年11月から実施。歩数計アプリは昨年(2018年)4月から新たに導入されています。

「歩数計アプリ」の概要(PDFファイル、横浜市健康福祉局のサイトより)

「歩数計アプリ」の概要(PDFファイル、横浜市健康福祉局のサイトより)

対象者は18歳以上の横浜市民など(在住のほか、在勤・在学も可)で、専用の歩数計もしくはアプリをダウンロードしたスマホを持ち、歩数データを送信すると歩数に応じてポイントが貯まり、指定の条件をクリアすると商品券などが当たる抽選に参加できるほか、自分の歩数・消費カロリーなどの推移や歩数ランキングなども見ることができるというものです。

今回の歩数計アプリのスタンプイベントは、スマホのGPS機能を活用、指定のスポットをめぐるスタンプラリーとなっており、「新横浜少年野球場」(新横浜2)、または「港北公会堂」(大豆戸町)でスタンプを獲得(期間は5月8日から6月1日(土)まで)することが可能です。

港北区のキャラクター「ミズキー」タオルをいずれか一枚、先着500人までもらえる(港北区の同イベントページより)

港北区のキャラクター「ミズキー」タオルをいずれか一枚、先着500人までもらえる(港北区の同イベントページより)

獲得したスタンプのスマートフォン画面を、来月6月1日(土)9時30分から15時まで、同少年野球場で開催される予定の同まつり会場の保健活動推進員会ブースにて提示すると、「港北区ミズキー」タオルがプレゼントされるとのこと。

「ふるさと港北ふれあいまつり」は、地元名物のおいしい食べ物やゲーム・体験コーナー、人気キャラクターによるステージショー、大抽選会など、子どもから大人まで楽しめるイベントとして実施される予定で、当日小雨の場合は決行、当日荒天または設営日(前日)が雨天の場合等は、記念式典やステージイベント、一部のブースのみ港北公会堂で開催される予定になっています。

なお、歩数計アプリには、横浜の「魅力あるウォーキングコース」を、100コース以上掲載しているとのことで、今回のイベント以外のシーンでも、日頃の健康増進に役立ちそうです。

【関連記事】

6/1(土)の「区制80周年イベント」、大倉山・新羽・小机から会場まで歩くツアー(2019年5月8日)※応募締切(満員)

今年は6/1(土)に「ふるさと港北まつり」、区制80周年祝う合唱に90人超が参加(2019年4月15日)

歩けば得する!ゲーム感覚の人気企画「よこはまウォーキングポイント」は18歳から参加OK(2016年5月26日、横浜日吉新聞)

【参考リンク】

港北区制80周年記念事業:よこはまウォーキングポイント歩数計アプリ スタンプイベント「2019ふるさと港北ふれあいまつりへ行こう!」(港北区のサイト)

よこはまウォーキングポイントのサイト(横浜市健康福祉局)

平成30年4月スタート!歩数計アプリについて(同)

グーグル配信による広告と関連記事の紹介