新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

「港北区制80周年記念マッチ」として開催された横浜F・マリノスと松本山雅FC戦の試合は後半35分に動き、マリノスが待望の先制点。反転しての見事なゴールを決めて喜ぶエジガルジュニオ選手(写真左)、後方で万歳する後姿はポステコグルー監督

「港北区制80周年記念マッチ」として開催された横浜F・マリノスと松本山雅FC戦の試合は後半35分に動き、マリノスが待望の先制点。反転しての見事なゴールを決めて喜ぶエジガルジュニオ選手(写真左)、後方で万歳する後姿はポステコグルー監督

記念マッチを「負けなし」継続で2位浮上――。きのう(2019年6月)22日の夜、日産スタジアムで行われたJリーグ・横浜F・マリノスと松本山雅FC戦は、「港北区制80周年記念マッチ」として開催。

試合前やハーフタイム中のパレードなどこれを記念する多くの催しが行われたほか、マリノスも後半35分に、ブラジル出身のフォワード・エジガルジュニオ選手が4試合連続のゴールを決め、1対0で勝利し2位に浮上(同日終了時点)。同スタジアム4連勝で区制80周年に大輪の花を添えました。

今年4月1日に誕生の節目となる80周年を迎えた横浜市港北区を祝おうと、試合前の14時15分からは新横浜、大倉山や日吉など港北区内の3つの保育園児や、トリコロールマーメイズのメンバー総勢約60人による「80周年記念ミズキーダンス」を東ゲート前広場で披露。

この日初めてのゴールに喜びを爆発させるマリノスファン。結局このまま逃げ切り、松本山雅FCに1対0で勝利。日産スタジアム4連勝を飾り、J1リーグ2位に浮上した

この日初めてのゴールに喜びを爆発させるマリノスファン。結局このまま逃げ切り、松本山雅FCに1対0で勝利。日産スタジアム4連勝を飾り、J1リーグ2位に浮上した

試合前までの間に、港北区が設置したブース内では、記念横断幕への「マリノスへの応援メッセージ」を受け付けていました。

激しい雨が突然降る中、17時からは栗田るみ港北区長が、応援メッセージを掲げた同区職員とピッチに登場。

2010年から始まった「こうほくサンクスマッチ」とこれまで冠した港北区とのタイアップ試合(2018年を除き毎年開催)で、「全8試合のうち7試合勝利、1試合が引き分けと、“負けなし”(の戦績)となっています。今日もマリノスの勝利で(たくさん観戦に来ている区民と)盛り上がりましょう」とあいさつ。

突然振り出した激しい雨の中、両チームのファンにピッチ上から笑顔であいさつする栗田るみ港北区長

突然振り出した激しい雨の中、両チームのファンにピッチ上から笑顔であいさつする栗田るみ港北区長

続いて、新横浜にも隣接する太尾小学校マーチングバンド(大倉山7)の約50人による演奏では、マリノスのサポーターズソング「We are F・Marinos(ウィーアー エフマリノス)」を披露。雨中に負けじと、昨年(2018年12月)に行われたマーチングバンド全国大会(一般社団法人日本マーチングバンド協会、さいたまスーパーアリーナ)で金賞(第1位)を受賞したという音色を、スタジアムじゅうに高らかに響かせていました。

さらにハーフタイムでは、栗田るみ港北区長、横山日出夫前区長(現市財政局長)、小野崎信之緑区長(元港北区副区長)ら港北区ゆかりの職員30人超が応援メッセージを掲げながらピッチを一周。

50人超の「港北区」ゆかりのメンバーによるパレードのようす

50人超の「港北区」ゆかりのメンバーによるパレードのようす

バレーボール女子日本代表の杉山祥子(さちこ)さんを「一日警察署長」に任命した、港北区内を管轄する港北警察署(大豆戸町)の小島伸治警察署長や、港北交通安全協会の嶋村公(ただし)代表理事ら交通関係団体、港北防犯協会の川島武俊会長ら防犯関係団体の各代表者ら20人超が、交通事故防止や振り込め詐欺の撲滅を訴える横断幕とともに、これに続いていました。

特に、2004年のアテネオリンピックや、2008年の北京オリンピックにも出場、身長も180センチメートルを越える元バレーボール選手らしい、堂々とした「一日署長」姿を披露した杉山さんに、多く観客からの歓声も寄せられていました。

雨もあがり、2万7364人もの観衆を前に無事パレードを行うことができた

雨もあがり、2万7364人もの観衆を前に無事パレードを行うことができた

今年9月のラグビーワールドカップ(W杯)、来年夏の東京2020オリンピック・パラリンピックの開催に向けて、区内が国際的にも注目される場所となることから、「両イベントを港北区で盛り上げるために、また港北区の安心・安全のためにも、杉山さんの“強力なアタック”で犯罪を撲滅したい」と小島署長。

杉山さんも、「(出身地の)静岡から、入団したNECレッドロケッツ時代に、当時拠点があった横浜市都筑区で7年間過ごしたこともあり、(この近辺は)想い出も深い場所。日産スタジアム、そしてJリーグは、バレーボールとはまた違う熱気が素晴らしいですね」と、今回の署長の大役を務めた感想を語っていました。

一日署長で元バレーボール日本代表の杉山祥子(さちこ)さんを囲んで

一日署長で元バレーボール日本代表の杉山祥子(さちこ)さんを囲んで

緑区のお祭りやイベントなどでも、マリノスの皆さんがイベントを盛り上げてくれます。地元の誇りとして、心から応援したい」(小野崎緑区長)、「警察、区の交通安全や防犯活動の関係者、ほかたくさんの皆さんの協力があってこそのイベントの盛り上がり」(横山前港北区長)と、地域や、そこに生きる人々あってこその“区制80周年”と訴える、港北区関係者の強い想い。

これからの、より一層のマリノスと地域とのつながり、そして双方の信頼関係や、より深い「絆」づくりこそが、チームの勝利に直結する秘策となるようにと、願う人も少なくないはずです。

【当日の様子】

東ゲート前には、港北区役所の特設ブースが設置されました

東ゲート前には、港北区役所の特設ブースが設置されました

ブース内では、横浜F・マリノスへの応援メッセージを横断幕に

ブース内では、横浜F・マリノスへの応援メッセージを横断幕に

突然強く降り出した雨の中、栗田るみ港北区長が応援メッセージ入り横断幕とともにあいさつ

突然強く降り出した雨の中、栗田るみ港北区長が応援メッセージ入り横断幕とともにあいさつ

雨にも負けじと、太尾小学校マーチングバンドの約50人が演奏に臨みました

雨にも負けじと、太尾小学校マーチングバンドの約50人が演奏に臨みました

横山日出夫前区長(現市財政局長)、小野崎信之緑区長(元港北副区長)

ハーフタイムには「港北区制80周年」を記念したパレードを実施。前方には横山日出夫前区長(現市財政局長・左)や小野崎信之緑区長(元港北副区長・右)の姿も

メッセージがぎっしりと書かれた横断幕もピッチを巡回

メッセージがぎっしりと書かれた横断幕もピッチを巡回

港北区のキャラクター「ミズキー」ももちろん一緒

港北区のキャラクター「ミズキー」ももちろん一緒

港北警察署の小島伸治署長にナビゲートされ、一日警察署長で元全日本バレーボール選手の杉山祥子(さちこ)さんがピッチに登場

港北警察署の小島伸治署長にナビゲートされ、一日警察署長で元全日本バレーボール選手の杉山祥子(さちこ)さんがピッチに登場

横浜市都筑区で社会人バレーボール選手時代を過ごした杉山祥子さん

横浜市都筑区で社会人バレーボール選手時代を過ごした杉山祥子さん

交通事故防止や振り込め詐欺撲滅をアピールしていました

交通事故防止や振り込め詐欺撲滅をアピールしていました

「松本山雅のサポーターの皆さんもあたたかく手を振ってくれて嬉しかった」と栗田区長

「松本山雅のサポーターの皆さんもあたたかく手を振ってくれて嬉しかった」と栗田区長

ぎっしり埋まったマリノスサポーターの皆さんにも手を振ってあいさつしていました

ぎっしり埋まったマリノスサポーターの皆さんにも手を振ってあいさつしていました

パレードを終えて記念撮影する港北区役所(ゆかり)の皆さん

パレードを終えて記念撮影する港北区役所(ゆかり)の皆さん

これからも港北区周辺の安心・安全な暮らしに向けてのガッツポーズ

これからも港北区周辺の安心・安全な暮らしに向けてのガッツポーズ

【関連記事】

今週末6/1(土)は新横浜で2019年「ふるさと港北ふれあいまつり」、80周年式典も(2019年5月29日)

港北区80周年の記念誌を「電子ブック」で公開、区の歴史や歳時記など収録(2019年4月5日)

2019年は港北区制「80周年」、記念ロゴ・映像制作や6月には新横浜で記念式典も(2019年1月10日)

【参考リンク】

2019 明治安田J1 第16節 vs松本山雅FCレポート(横浜F・マリノス)

港北区制80周年記念マッチが行われます(港北区)

グーグル配信による広告と関連記事の紹介