港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

「民泊」は海外からの来日者の利用が目立つ(写真はイメージ)

港北区内で「民泊」として届出を行っている民家は6軒にとどまりました。横浜市保健所はこのほど、今年(2018年)6月に施行された“民泊新法(住宅宿泊事業法)”に基づく届出のあった先月(2018年8月)末付けの住宅一覧を公開しました。

これによると、港北区内で届出を行ったのは、東急東横線妙蓮寺駅が最寄りの仲手原1丁目のマンションと新横浜駅から近い篠原町の表谷地区にあるアパートのそれぞれ一室に加え、スーパーFUJI鳥山店近くの鳥山町にある一戸建ての3軒で、残りは日吉駅に近い3軒となっていました。

米国の大手民泊仲介サイトである「Airbnb(エアビー)」には、港北区内で届出された6軒のうち、9月18日現在で4軒の掲載が確認できた(写真はAirbnbのトップページ

“民泊規制”とも呼ばれた民泊新法の施行前には、民泊仲介サイト大手である米「Airbnb(エアビーアンドビー=略称「エアビー」)」で検索すると、新横浜周辺を中心に10軒程度の民泊が確認できましたが、法に基づく届出の煩雑さなどから、現時点では正式に民泊としている民家は少数にとどまっている様子です。

なお、今回届出されていた港北区内6軒のうち、9月18日時点で4軒はAirbnbに掲載されていることが確認でき、主に来日客が利用している様子がうかがえました。

【関連記事】

観光拠点の新横浜で「民泊」はどうなる? 認める法律と市の独自規制は6月施行(2018年2月14日、新法と横浜市条例の施行以前の状況について)

【参考リンク】

住宅宿泊事業(民泊)の届出について(横浜市健康福祉局)

Airbnb(エアビーアンドビー)(民泊仲介サイト)

グーグルからの配信による広告