港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

港北土木事務所はこのほど、最新の地図情報を盛り込んだ「港北区内の公園案内」サイト上に公開しました。公園名や緑道などの名を盛り込んだ区内全域や周辺の地図を閲覧できるほか、PDF形式でのダウンロードも可能。また、各公園の詳細情報ページにもリンクされており、グーグルマップでは探しづらい公園の情報を感覚的に見付けることができます。

港北区内の「公園・緑道」の情報が記載された地図を閲覧できるページ(港北土木事務所)

区内には太尾堤(大倉山7)や新田(新羽町)、松の川(下田町5)、仲手原(仲手原1)と4つの「緑道」と、新横浜公園(約67万7000平方メートル)や岸根公園(約14万平方メートル)のように“東京ドーム”(約4万6000平方メートル)がいくつもすっぽりと入ってしまうほどの大規模公園から、北大豆戸第二公園(大豆戸町)や岸根大堀公園(岸根町)などあまりに小さいため、地元の人にしか見つけられないような公園まで140超の公園が設けられています。

地図ページからリンクされている公園情報ページには、面積や開設日はもちろん、砂場や遊具などの施設情報とともにトイレやベンチの有無、写真などが掲載されており、近所のウォーキングや公園巡りなどにも活用できそうです。

【関連記事】

新横浜駅の篠原口から至近距離に「表谷第二公園」、66戸の住宅開発地で市が設置(2017年1月27日、港北区でもっとも新しい公園)

新吉田東4丁目に「農地付き公園」の整備を計画、師岡に続き区内2カ所目に(2017年6月9日、2020年3月末までに開設予定)

【参考リンク】

港北区内の「公園・緑道」地図検索(マップのダウンロードも可能、港北土木事務所)

港北区内の「公園・緑道」一覧(港北土木事務所)

グーグルからの配信による広告