新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

大倉山で恒例となった地域「子育てイベント」が2年ぶりに復活します。

あす(2021年)12月7日(火)から12日(日)までの6日間開催される「どろっぷデイズ(DAYS)」の案内チラシ(どろっぷのサイトより)

あす(2021年)12月7日(火)から12日(日)までの6日間開催される「どろっぷデイズ(DAYS)」の案内チラシ(どろっぷのサイトより)

大倉山3丁目にある地域子育て支援拠点「どろっぷ」(原美紀施設長=認定NPO法人びーのびーの)は、あす(2021年)12月7日(火)から12日(日)まで6日間9時30分から16時まで、地域への施設開放イベント「どろっぷデイズ(DAYS)」を開催します。

「どろっぷ」が開設した翌年の2006(平成18)年から毎年開催されてきた「どろっぷデー」イベント。会場が手狭になったことなどから、2008(平成20)年からは大倉山4丁目の「太尾防犯拠点センター」で開催されてきましたが、新型コロナ禍の影響を受け、2020年度は開催が中止となっていました。

毎年6月頃におこなわれてきたこれまでの開催とは異なり、日程を6日間にわたり設定したことが大きな特色となっており、大倉山地区社会福祉協議会(小沢義雄会長)も開催に協力。

ともだちの丘(NPO法人げんき、師岡町)や社会福祉法人かれん(大豆戸町)、地域活動支援センターHIKARI(ひかり、大倉山7)や港北区災害ボランティア連絡会(大豆戸町、港北社協内)による館内での販売や、資源循環局港北事務所(大豆戸町)、港北消防署(同)などによる館内掲示をおこないます。

「どろっぷデイズ(DAYS)」のスケジュール詳細。例年の企画にも賛同・参画している団体などが参加する予定(どろっぷのサイトより)

「どろっぷデイズ(DAYS)」のスケジュール詳細。例年の企画にも賛同・参画している団体などが参加する予定(どろっぷのサイトより)

また、港北消防団第3分団第4班(太尾班)による着衣体験・撮影会や消防ミニカーフォトスポットの設置、消防車来訪といった企画や、資源循環局による「分別クイズ体験会」、太尾学童保育クラブ(大豆戸町)によるダンス発表、子育て支援のつながりから生まれた「こうほく子育て応援隊」による缶バッジづくりなども予定しています。

さらに、「どろっぷ」で活動するボランティアグループ「monaka(もなか)」によるちぎり絵づくり、育児中のママ演奏家「どれみふぁどろっぷ」による演奏や、子育てパパによる活動グループ「どろっぱ」によるスライムづくりといったイベントも計画されているとのこと。

販売される予定の作業所の作品など(どろっぷ提供)

販売される予定の作業所の作品など(どろっぷ提供)

「どろっぷ」情報担当の江口知佳さんは、「期間中は毎日、“ちょっとずつのお楽しみ企画”としての実施となります。感染症対策もしながら、準備の段階からボランティアの皆様や利用者の皆様ををはじめ、多くの方々が力を貸してくださり、気付いたらもりだくさんの内容になりました」と、企画に賛同し協力してくれた組織・団体への感謝の意を表します。

例年のイベントと同様に関係機関の協力があっての開催となったとのことで、「子どもと一緒に、また地域の方どなたでも楽しめる内容となっています。ぜひご来場いただければ」と、江口さんは期間中の来館を呼び掛けています。

開催準備が進む館内の様子(どろっぷ提供)

開催準備が進む館内の様子(どろっぷ提供)

なお感染症対策のため、小学生以上はマスクを着用することが必要で、入口で消毒・検温を実施。30組程度の入館制限をおこなうとのこと。期間中、昼食は12時から13時まで庭を開放して食べることができる(各自持参)とのことです。

【関連記事】

恒例の地域イベント「どろっぷデー」、6/9(土)に大倉山4丁目の防犯拠点センターで(2018年6月6日)

【参考リンク】

どろっぷDAYS開催12/7~12(地域子育て支援拠点どろっぷ)