新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

意外なところでも横浜市の市営交通100周年を祝うことができます。きょう(2021年)5月12日(水)から発売が始まる「宝くじ(関東・中部・東北自治第2556回)」は、地下鉄ブルーラインの車両や市営バスがデザインされた図柄となっています。市に関連したデザインとなるのは、2018(平成30)年4月に抽選が行われた地下鉄グリーンラインの10周年時以来です。

5月12日(水)から発売が始まる「宝くじ(関東・中部・東北自治第2556回)」は横浜市交通局100周年を記念したデザインとなっている(市の発表資料より)

市営交通100周年の図柄となる宝くじは、東京都を除く関東をはじめ、中部・北海道・東北地方の各県と三重県で700万枚(7億円分)が1枚100円で販売されます。期間は6月1日(火)までですが、それまでに売り切れになる場合もあるとのこと。

当選金は1等1000万円が1本、1等前後賞250万円は2本、1等の組違い賞10万円が69本、2等30万円は70本などとなっています。

今回の図柄には、ブルーラインと市営バスの車両に加え、現在は廃止となった横浜市電の白黒写真も掲載されており、100周年にいたる歴史を感じることができそうです。

横浜市内の販売店で購入すると約4割が市の収入となる(新横浜駅近くの環状2号線沿いにある北口チャンスセンター)

なお、宝くじは、横浜市内「みずほ銀行」や「チャンスセンター」、「宝くじロトショップ」などの取り扱い店港北区内には計39カ所)で購入すると、売上の約4割が横浜市の収入になるとのことです。

【関連記事】

横浜市交通局が100周年、記念サイト開設や電車ヘッドマークの掲出も(2021年3月8日)

【参考リンク】

「横浜市営交通100周年」の図柄の宝くじ発売!!~宝くじは横浜市内で!(横浜市財政局、発売は2021年6月1日まで)

宝くじ公式サイト