新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

新横浜の大型商業施設や飲食店街がきょう(2020年)6月1日(月)から再開します。4月8日から食品関連テナントを除き休業していた駅ビル「キュービックプラザ新横浜」で、ビッグカメラやユニクロ、三省堂書店、飲食店街など全館で営業を開始。「新横浜プリンスペペ」も5月29日(金)から全館で再開しており、新型コロナウイルス感染拡大前のような日常へ戻るための一歩を踏み出しました。

新横浜駅ビル (キュービックプラザ新横浜)と新横浜プリンスホテル(新横浜プリンスペペ)(写真左奥)

神奈川県など首都圏で緊急事態宣言が出されて以降「タカシマヤフードメゾン」などの食品関連テナント以外は臨時休業していたキュービックプラザ新横浜は、6月1日から主要テナントのビックカメラやユニクロ、ロフト(LoFt)、三省堂書店などで営業を再開。

9階と10階の飲食店街と、新幹線高架下の「ぐるめストリート」は、翌6月2日(火)に再開を予定する16店と、休業継続が2店あるものの、駅ビルの全館で買物や飲食が可能となります。

同様に地価のスーパーなど食品関連テナント以外は臨時休業していた新横浜プリンスペペ5月29日(金)に全館で営業を再開しており、衣料品チェーンのGUしまむら無印良品キャンドゥくまざわ書店などのテナントに加え、館内の飲食店も営業を行っています。

首都圏での緊急事態宣言の解除後はわずかながら東海道新幹線の乗客も戻りつつある様子(5月27日10時ごろ、新横浜駅)

新横浜では4月27日から全館休館となっていた「新横浜プリンスホテル」が6月1日(月)から営業を再開するほか、東海道新幹線も定期列車をすべて運転するダイヤに戻ります。

今はまだ、大型イベントやスポーツの試合が開催できず、新横浜ラーメン博物館や一部のビジネスホテルなど観光関連施設も閉まっている状態ですが、6月から少しずつ新横浜の日常を取り戻す動きが始まりました。

【関連記事】

東海道新幹線の通常化へ一歩、6/1(月)から「定期列車」はすべて運行(2020年5月25日)

神奈川県の「休業要請」は5/27(水)0時に解除、外出自粛要請も解かれる(2020年5月26日、当面は夜10時までの営業が求められている)

<外出自粛延長>港北区内の商業施設など休業・イベント中止情報(2020年5月13日、休業・中止状況の一覧)

【参考リンク】

キュービックプラザ新横浜(6月1日全館再開)

新横浜プリンスペペ(5月29日全館再開)

新横浜プリンスホテル(6月1日再開)