新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

今週末は「ららぽーと横浜」(都筑区池辺町、鴨居駅徒歩7分)で、いよいよ今年の夏に開催迫る「東京2020オリンピック・パラリンピック」を体感してみませんか。

昨年(2019年)3月には日産スタジアムで「500日前イベント」も行われている

横浜市市民局は今週(2020年)1月25日(土)、ららぽーと横浜内の「セントラルガーデンKiLaLa」で、東京2020大会200日前イベントとして、「200 Days to Go!フェスティバル in 横浜市~東京2020開催まであと200日!」を開きます。

昨年(2019年)3月に日産スタジアムで行われた「500日前イベント」の“200日前バージョン”となるもので、今回はスポーツ分野を中心とした多彩なゲストが特徴です。

1月25日(土)にららぽーと横浜で開かれる「200 Days to Go!フェスティバル in 横浜市~東京2020開催まであと200日!」の案内チラシ(ららぽーと横浜によるイベント紹介ページより)

横浜F・マリノスで長年活躍した中澤佑二さんをはじめ、ロサンゼルス五輪の体操で金メダルを獲得した具志堅幸司さん、ミュンヘン五輪のバレーボールで金メダルを獲得した森田淳悟さん、現役パラリンピック競泳の富田宇宙選手、同じく現役のパラリンピック陸上で活躍する兎澤(とざわ)朋美選手らが登場。

かつてJリーグで活躍し、現在は日本障がい者サッカー連盟会長をつとめる北澤豪(つよし)さんも駆けつけ、さらに、書家の金澤翔子さんはオープニングで書道パフォーマンスを披露する予定です。

ステージイベントは10時30分から16時まで、スポーツ体験などの各種ブースは11時から18時まで設けられ、いずれも入場は無料

なお、雨天の場合は、会場を館内サウスコート「カリヨン広場」に変更になるとのことです。

【関連記事】

<東京2020五輪>3/16(土)に新横浜で子供と楽しめる「500日前イベント」(2019年3月1日、500日前イベントでは小学生ら5人組のFoorin(フーリン)が「パプリカ」を披露するなど盛り上がっていた)

【参考リンク】

横浜市主催200日前イベント「200 Days to Go! フェスティバル in 横浜市 ~東京2020 開催まであと200日!」の案内など(東京2020オリンピック・パラリンピック横浜市ウェブサイト)

ららぽーと横浜のアクセス案内(JR横浜線・鴨居駅から徒歩7分または送迎バス、新横浜駅や大倉山駅などからは市営バス「41系統」の直通便もある)

グーグル配信による広告と関連記事の紹介