新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

横浜市営地下鉄ブルーラインの新横浜駅での変化が続いています。横浜市交通局は、今月(2019年)12月11日から地下鉄新横浜駅のJR横浜線などとの連絡出入口側(岸根公園駅寄り)の改札内エスカレーターについて、更新工事を始めました。

JR乗り換え改札口からブルーラインのホームへ向かうエスカレーターを新しくする工事が2020年6月まで行われている(12月13日)

今回の工事はエスカレーターが老朽化したことから新しくするものだといい、エスカレーターの刷新とともに外壁工事も同時に行うため、工期が来年2020年6月末までとなっています。

JR線との乗り換え側の改札口とホームを結ぶエスカレーターが一定期間にわたって休止するだけに、混雑時は日産スタジアム側(北新横浜駅寄りの8番出口側)の利用も検討したほうが良さそうです。

【関連記事】

五輪や相鉄直通線を控え、地下鉄の新横浜駅でトイレやエレベーター工事(2019年11月8日)

新横浜駅の「3B出口」を撤去、相鉄・東急直通線の新出入口を計画(2019年7月16日)

新横浜の駅や街に“電子メディア”の設置相次ぐ、階段の壁面活用も(2019年10月18日)

【参考リンク】

新横浜駅JR側改札行きエスカレーター更新工事 及び 内装改修工事に伴う階段幅縮小について(横浜市交通局)