新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

自然がいっぱいの新横浜公園で、草花の観察と花の植栽体験を行ってみませんか――。

恒例の連続シリーズ「四季折々の生きもの観察会」(新横浜公園主催)の第4回「花咲く鶴見川 魅力あふれる新横浜公園にしよう!」が今月(2019年)10月5日(土)に行われます。

10月5日(土)に開かれる第4回「花咲く鶴見川 魅力あふれる新横浜公園にしよう!」のチラシ(新横浜公園の案内ページより)

今回の講座では、新横浜公園が誕生する段階から計画に携わり、自然保護活動を続けている慶應義塾大学の岸由二名誉教授を特別講師に招き、当日はユリを思わせるような美しい花が咲く「ノカンゾウ」または「ハマカンゾウ」の植栽体験を実施。

また、岸名誉教授の解説による新横浜公園内の草花の観察会も行われる予定です。

開催時間は9時から12時まで、横浜市在住の小学生とその保護者を対象に30人を募集しており、参加希望者は10月3日(木)までに日産スタジアムの公式サイトから申し込みが必要です。なお、雨天の場合は、翌10月6日(日)の開催となります。

【参考リンク】

10月5日(土)開催「新横浜公園 四季折々の生きもの観察会~第4回 花咲く鶴見川 魅力あふれる新横浜公園にしよう!」の申し込み(日産スタジアム)

「新横浜公園四季折々の生きもの観察会」について(新横浜公園、第4回は10月5日開催)

グーグル配信による広告と関連記事の紹介