新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

2019年シーズン、日産スタジアムで横浜F・マリノスの試合が見られる機会は残り2回しかありません。今夏は最後となる今週末8月17日(土)のセレッソ大阪戦では、「ミニレゴパーク」など、子ども向け企画も多数行われます。

横浜F・マリノスの日産スタジアムでの2019年ホームゲームは残り2試合となった(写真はホーム応援席イメージ)

今シーズンは、9月から11月にかけて日産スタジアムでラグビーワールドカップ(W杯)が開かれるため、期間中と前後は横浜F・マリノスの試合が行えず、ホームゲームはすべてニッパツ三ツ沢球技場(神奈川区三ツ沢西町)で開催。

最終戦となる12月7日(土)のFC東京戦のみが日産スタジアムで行われる予定です。

8月17日(土)は「夏休み キッズスタジアム宣言!セレッソ大阪戦」と題して子ども向け企画を多数用意(特設ページより)

今年の夏としては最後の日産スタジアム開催となる今週末8月17日(土)19時からのセレッソ大阪戦では、「夏休み キッズスタジアム宣言」と題して子ども向けの企画を多数用意。

15時から19時までトリコロールランドでは、7万個のレゴブロックの中にって遊べる「レゴプール」などによる「ミニレゴパーク」を設け、場内コンコースの東ゲート側「E11~E12」付近では開門時から「トミカプレイランド」も開設されます。

また、同日は指定席に限り小中学生は500円となる「指定席全席種ワンコインデー」となっているほか、横浜沸騰ユニフォームとタオルマフラーがセットになった「バック自由席観戦チケット」も3900円で設定されています。

公式チケット販売サイトでは、14日0時時点ですべての席種に空きがあり、変動価格帯は2700円からと比較的廉価な料金で推移しています。

8月17日(土)は新横浜駅など5カ所から日産スタジアムへの無料シャトルバスも運行(横浜F・マリノスの案内ページより)

なお、今月3日の試合に続き、この日も無料シャトルバスの運行が行われます。

新横浜駅(16時から18時まで30分ごと)をはじめ、中山駅(16時発/17時30分発)や鶴見駅(15時/17時発)、センター南駅(16時発/17時30分発)、ららぽーと横浜(16時発/17時30分発)の4カ所から日産スタジアムまで運行されるほか、試合終了後の復路便日産スタジアム発(西ゲート側・第1駐車場内)21時30分に設定されています。

【関連記事】

<マリノス>ラグビーW杯の影響で日産スタジアム開催は2試合減、変則日程も(2019年1月25日)

【参考リンク】

8月17日(土)19時開始「セレッソ大阪戦」の案内ページ(横浜F・マリノス)

8月17日(土)「夏休み キッズスタジアム宣言!セレッソ大阪戦」のページ(横浜F・マリノス)

8月17日(土)「シャトルバス運行のお知らせ」(横浜F・マリノス)

グーグル配信による広告と関連記事の紹介