港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞
週間ランキング

週間ランキングこの一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。今月(2019年4月)19日(金)から25日(木)までの7日間に計6万81ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、22日(月)に公開した「新横浜・篠原口駅前、南口再開発の準備組合が『東急電鉄』などを協力者に選定」の記事でした。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は表示回数(ページビュー=PV)と記事公開日。

  1. 新横浜・篠原口駅前、南口再開発の準備組合が「東急電鉄」などを協力者に選定(4月22日、5,171)
    → 四半世紀以上にわたって止まったままだった篠原口の再開発計画。2023年3月までに相鉄・東急直通線の開業を控え、具体化させるための動きが始まっています。プリンスホテルに象徴されるように“西武鉄道の街”と言われた新横浜で、今後乗り入れ予定の東急電鉄が篠原口の再開発にも関わっていく構えです
  2. 新横浜プリンス最上階で「平成スイーツ集結」ブッフェ企画、4/29(祝)からGW中(4月23日、1,384)
    → ティラミス、ナタデココ、パンナコッタ……と移り変わったスイーツの流行を思い出しながら、平成を振り返ることができるという内容です
  3. 2019年のカーボン山「桜まつり」は4/21(日)に、屋台や地域団体の公演も(4月17日、1,289)
    → 当日は曇り気味でしたが、午前中は晴れ間も出ていて会場内は歩きづらいほどの人出を見せて盛り上がっていました
  4. <週間ランキング>10連休中の新横浜駅、ケルヒャー本社の刷新、ふるさと港北まつりなど(4月20日、1,228)
    → 先週のランキング記事です
  5. <相鉄直通線>羽沢横浜国大駅の建設は順調、JR側の次駅は「武蔵小杉」か(2018年1月18日、1,157)
    → 62週連続でランキング登場となりました
  6. 相鉄・JR「羽沢横浜国大駅」開業は2019年11月末、ダイヤとJR側車両は最終調整(3月29日、1,052)
    → 5週連続でランキング登場です。7カ月後には港北区の地下を貫く「東海道貨物線」にも相鉄の電車が走ることになります
  7. 今週末4/20(土)・21日(日)は「港北オープンガーデン」4月開催、初参加は17会場(4月19日、961)
    → 2日間とも天候に恵まれたことや、スタンプラリーが新たに始まったこともあって盛り上がりを見せていました。次はゴールデンウィーク明けの5月11日(土)と12日(日)に行われます
  8. 7/27(土)の日産スタジアム「マンチェスター」とマリノス戦、チケットを先行抽選(4月19日、904)
    → 秋は「ラグビーW杯」一色となりそうな今年の日産スタジアムですが、その前にサッカーでも盛り上がりを見せそうです
  9. 駅直結の東急ストア菊名店、5/1(水)から新テナントに「洋菓子店テール」(4月24日、801)
    → テナントの横浜文明堂と崎陽軒が閉店し、店内が少し寂しくなっていましたが、地元・横浜の店が入ることになりました
  10. <レポート>早ければ1年後に開業の「羽沢横浜国大駅」、再開発は“東急直通”時に照準(2018年10月1日、764)
    → 21週連続でランキング登場となりました

※「週間ランキング」のバックナンバーはこちら

※「日吉・綱島・高田エリア」の週間ランキングはこちら

グーグルからの配信による広告