港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

綱島SST内と日吉駅に計5か所の“サイクルポート”と30台の電動自転車を設置している

新横浜2丁目の太田興産ビル新横浜に本社を置く株式会社サンオータス(北野俊社長)は、綱島東4丁目の綱島SST(Tsunashimaサスティナブル・スマートタウン、パナソニックなど運営)で今月(2018年7月)23日からシェアサイクル事業の本格展開を始めました。

綱島SSTと日吉駅前に計5カ所の“サイクルポート”を置き、計30台の電動自転車を30分税別150円で貸し出すもので、「環境面からも新たな移動手段として提案していきたい」(中村直取締役)と、今後の利用状況次第では区内の駅周辺などに拠点を増やしたり、法人向け登録制度を作ったりする考えもあるといいます。電動自転車はパナソニック製で、システムはNTTドコモ系が提供しているとのことです。

綱島SSTには慶應の国際学生寮もあることから英語版の案内チラシも用意されている

同社はENEOS(エネオス)ブランドのガソリンスタンドやBMWなどの輸入車正規ディーラーを展開する東京証券取引所ジャスダック上場企業で、1951(昭和26)年に鶴見区で創業。

1992年に新横浜の現在地へ本社を移しており、港北区内では環状2号線沿いの大豆戸町でエネオスのガソリンスタンド「Dr.Drive新横浜東SS」を運営するほか、新羽町では車検業「環境車検」も展開しています。

同社は綱島SSTへの参画企業として、慶応義塾大学の国際学生寮を管理するほか、モビリティサービスを担当しており、カーシェアリングサービスなども実施。同社としてシェアサイクル分野には初めての進出となりました。

【関連記事】

パナソニックが工場跡地に“革新を生み出す街”、12社が参画する「綱島SST」が完成(2018年3月30日)

新横浜周辺エリアのセブンで「電動自転車」貸出、シェアサイクルの対応店が増加中(2018年5月21日)

【参考リンク】

綱島SSTサイクルシェアサービスの会員登録ページ

株式会社サンオータス(新横浜2丁目)

グーグルからの配信による広告