新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

相鉄・東急直通線(新横浜線)の新横浜駅から都内方面へは、日中1時間に6本運転される列車のうち、4本が目黒線方面、2本は東横線方面へ向かいます。

きのう(2022年)11月24日に建設中の新横浜駅で鉄道・運輸機構と相鉄(相模鉄道)、東急電鉄が揃って会見し、来年3月に開業する相鉄・東急直通線のダイヤ概要などを発表しました。

平日朝のラッシュ時間帯における「東急新横浜線」と「東横線」「目黒線」の運行案内(東急新横浜線の案内リーフレットより)

これによると、東急新横浜線(新横浜~新綱島~日吉、5.8キロ)では、日中1時間あたり6本の列車を運行する計画としており、このうち東横線方面への2本は「急行」(新横浜線内は各駅に停車)として運行。

目黒線への4本は急行と各駅停車になるといい、このうち2本は新横浜駅の始発となる予定です。

新綱島・日吉方面へ向かう新横浜線の試運転列車(11月24日、新横浜駅)

平日朝のラッシュ時(7時~8時台)は1時間あたり最大16本の列車が設定され、4本が東横線方面行となり、残る12本は目黒線方面行。目黒線方面行は、最大5本が新横浜駅の始発になるとのことです。

新横浜駅の1番線・2番線ホームは相鉄線方面行となる(11月24日、新横浜駅)

なお、東急電鉄では新横浜線の開業を機に東横線で運転士だけの「ワンマン運転」(目黒線ではすでに実施)を新たに行う計画としており、新横浜線もワンマンでの運転となります。

羽沢~東急線方面は日中1時間4本

一方、相鉄新横浜線(西谷~羽沢横浜国大~新横浜、6.3キロ)のうち、「相鉄・東急直通線」として新たに開業する羽沢横浜国大駅新横浜駅間(4.2キロ)では、朝ラッシュ時以降の日中時間帯では1時間あたり4本から最大で8本を運転するとの計画です。

相鉄本線(上)といずみ野線(下)から新横浜駅への運行形態、新横浜駅から先の東急区間では列車種別が「急行」または「各駅停車」になる(相鉄のニュースリリースより)

平日朝のラッシュ時(西谷駅7時20分~8時20分発)は1時間あたり最大11本の列車を設定。このうち相鉄本線発は4本、いずみ野線発が7本になるとのこと。

朝の一部列車を除き、相鉄本線からの乗り入れ列車は「東急目黒線方面」(列車種別は新横浜まで「特急」、新横浜線内は各駅に停車)に、いずみ野線からは「東急東横線方面」(列車種別は新横浜まで「特急」「通勤特急」または「各駅停車」)に直通運転するとしています。

これは、すでに相鉄本線は海老名駅からJR渋谷駅を経てJR新宿駅まで「相鉄・JR直通線」を通じて直通運転しているため、東急目黒線方面行に振り分けたものだといいます。

新横浜駅の2番・3番線ホームに停車する相鉄の試運転車両(11月24日、新横浜駅)

相鉄では「相鉄・東急直通線」の開業に際し、本線の横浜駅と西谷駅を区間運転する列車や、新横浜駅が始発着となる列車も設定するとのことです。

【関連記事】

<新横浜線>新横浜~日吉は約6分・250円、渋谷へは約30分・360円に(2022年8月9日)

新綱島駅は日中1時間4本が目黒線行、日吉駅への東横線「特急」停車は実現せず(横浜日吉新聞、2022年11月25日)

新横浜駅は2社で管理、新綱島側「北改札」が東急、羽沢側「南改札」は相鉄(2022年11月25日、駅について)

【参考リンク】

東急電鉄「東急新横浜線」の特設ページ(最新情報など)

相模鉄道「相鉄・東急直通線運行計画概要のお知らせ」(2022年11月24日)