新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

3年ぶりに小学生向けスポーツ体験イベントが開かれることになりました。

小学生スポーツフェスティバル」(港北区スポーツ推進委員連絡協議会・港北区スポーツ協会・港北区共催)が来月(2022年)7月24日(日)に神奈川税務署にも隣接した大豆戸町にある「港北スポーツセンター」で開かれます。【※2022年6月23日追記】主催者に確認、応募定員に達したため、6月20日(月)に募集を締め切ったとのことです。(編集部)

3年ぶりに2022年は7月24日(日)に開かれる「小学生スポーツフェスティバル」の案内チラシ(港北区提供)

新型コロナウイルス禍の影響で2019年の夏を最後に開かれていなかった小学生スポーツフェスティバルは、身体を動かす楽しみを伝えるため毎年夏に開かれていた恒例イベント。区内の各地域で150人超が活動する「スポーツ推進委員」の連絡協議会などが主催しています。

3年ぶりの開催となる今回は、港北スポーツセンターに3つある体育室と屋外のテニスコートなどを使い、時間帯ごとに野球やサッカー、硬式・軟式テニスの体験教室をはじめ、ユニホック(ミニホッケー)やボッチャ、ドッジボール、タグラグビー、バドミントン、卓球、太極拳、子どもアスレチックといった多彩な体験機会を用意。

「小学生スポーツフェスティバル」は港北スポーツセンターで午前と午後に分かれて各種プログラムを予定(同)

10時から12時と、13時30分から15時30分までの午前と午後の部に分かれ、各プログラムが組まれています。ユニホック(ミニホッケー)の講師には、港北区新横浜を本拠地とするプロアイスホッケーチーム「横浜GRITS(グリッツ)」の選手も加わる予定とのことです。

参加は、港北区内在住・在学の小学生とその家族を対象とし、午前と午後それぞれ先着150人ずつを募集。申し込みはきょう6月15日(水)から来月7月10日(日)までインターネットの申し込みフォーム(市の電子申請システム)で受け付けています。

【関連記事】

・【過去記事】昨年は猛暑中止の「小学生スポーツフェスティバル」、今年は7/15(月・祝)に(新横浜新聞~しんよこ新聞、2019年7月10日、前回開催は3年前)

【参考リンク】

港北区「小学生スポーツフェスティバル」の案内・申し込みページ(2022年は7月24日開催)※定員に達したため募集終了(6月23日追記)