港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

猛暑の影響が港北区内で開催予定のイベントにも出てきました。港北区などは今月(2018年7月)29日(日)に大豆戸町の港北スポーツセンターで予定されていた恒例イベント「小学生スポーツフェスティバル」(港北区スポーツ推進委員連絡協議会など主催)を中止にすると発表しました。

7月29日(日)に大豆戸町の港北スポーツセンターで予定されていた恒例イベント「小学生スポーツフェスティバル」は猛暑の影響で中止となった(港北区サイトより)

今月(2018年7月)23日に国内での最高気温記録である41.1度を埼玉県熊谷市で記録するなど、全国的に猛暑が続いています。きょう24日(火)以降は緩和される予報となっているものの、横浜でも7月に入って以降、暑さが増しています

市内で快適といえる気候だったのは雨が降って最高気温が25度にとどまった今月6日(金)だけ。8日(日)以降は最高気温が30度以上となる日が16日間にわたって続いており、特に今週は22日(日)に35.1度、23日(月)には37.2度を記録し、夜間を含めた平均気温も30度を超しています。

区内在住の小学生を対象とした区の小学生スポーツフェスティバルは、港北スポーツセンターでサッカーやフットサル、ユニホック、ラグビー タグラグビーなどのスポーツ体験が行えるイベントとして、毎年行われていました。

ただ、今年は猛暑の影響により、市外で小学生が熱中症で死亡する被害も起こっており、「メイン会場である港北スポーツセンター第1体育室、第2体育室に空調設備が無い等、参加者の安全確保が困難であると判断」(主催者)し、中止を決定したものです。

きょう(25日)以降、週末にかけて暑さが緩むと予想はされているものの、27日(金)までは30度以上の気温が続くとみられるため、現時点で中止はやむを得ない判断といえそうです。

【関連記事】

<港北スポーツセンター>2つの「体育室」が6月から長期休館、天井改修で(2017年5月29日)

【参考リンク】

港北区スポーツ推進委員連絡協議会のページ(「小学生スポーツフェスティバル」中止の案内も)

グーグルからの配信による広告