新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

97人が聖火をつなぎました。きのう(2021年)6月30日、川崎市中原区と日産スタジアム付近など横浜市内各所を走る予定だった聖火リレーのランナーが中区新港の「横浜赤レンガ倉庫」に集まり、ランナーが手にしたトーチを合わせて火をつなぐ「トーチキス」によるセレモニーが行われました。

赤レンガ倉庫の「セレブレーション」会場

新型コロナウイルス禍の影響で公道走行を取り止めたことから行われた今回のセレモニーでは、川崎市(1区間)横浜市(全7区間)の計8区間を走る予定となっていたランナーが区間ごとに横一列となり、火がともされたトーチを手横のランナーのトーチに火をつないでいくという内容で、公道を走る予定としていたほぼすべてのランナーが参加しています。

「ももいろクローバーZ」の3人からラミレスさんへのトーチキスでスタート

中原区の等々力陸上競技場を走る予定だった女性グループ「ももいろクローバーZ(ゼット)」の高城れにさんから玉井詩織さん、佐々木彩夏さんとトーチがわたり、横浜ベイスターズ前監督のアレックス・ラミレスさんのトーチに聖火を移し、トーチキスがスタートしました。

川崎市内の第1区間に続く第2区間は、日産スタジアム付近を走る予定だったランナーが整列。この日は音楽家の千住真理子さんが欠席だったため、横浜市スポーツ協会会長の山口宏さんのトーチに火がともされ、公益財団法人日本補助犬協会(旭区)理事で盲導犬エマとともに参加した青木保潔(やすゆき)さんへと火をつなげていきます。

第2区間は山口さんから開始

青木さんに続き、富士フイルムビジネスイノベーションジャパン株式会社(旧富士ゼロックス、東京都港区)の西村義人(よしひと)さん、ウエルシアホールディングス株式会社(東京都千代田区)の新谷励(つとむ)さん、株式会社ココカラファインヘルスケア(港北区新横浜3)の森志信(しのぶ)さんへと聖火がつながり、第2区間は5人でトーチキスを行いました。

第5区間は出川さんのトーチに火がともされるところから始まった

第3区間(三ツ沢公園~横浜駅など)では、港北区とも縁を持つ株式会社崎陽軒(西区高島)の野並直文さん第5区間(横浜市庁舎前~汽車道など)には、武相高校(港北区仲手原)出身のタレント・出川哲朗さんらが登場。

最後の第8区間(山下公園~県庁など)では港北区出身の俳優・谷原章介さん、慶應大学日吉キャンパスでの英国五輪・パラ選手団をサポートする学生団体を運営する大類なをみさんらも聖火をつないでいます。

雨中でのトーチキスを終えた第8区間のランナー、後列右3人目が谷原さん、前列右3人目が大類さん

聖火リレー後に実施される「セレブレーション」と呼ばれる大型イベント会場を“流用”する形で行われた今回のトーチキスセレモニーは、15時から約2時間半にわたって実施。

ランナーの家族や社員などの関係者のみが観覧できる形でしたが、手を振ったり、拍手を送ったり、なかには横断幕を掲げるなどして懸命に応援する人も目立ちました。

神奈川県内の感染状況が改善せず、一般市民は観覧できない形となった

セレモニー会場では、ランナーの晴れやかな表情観覧者の笑顔が目立っていた一方、会場周辺で「オリンピックやめろ」「聖火リレーに税金を投入するな」などと断続的に訴える拡声器の声が会場内にまで響いており、新型コロナ禍という特殊な状況下でのオリンピック関連イベントの開催には難しさも見られました。

以下、トーチキスセレモニーの様子を区間ごとに写真でご紹介します。

▼ 第1区間(川崎市中原区、等々力陸上競技場~武蔵中原駅手前など)

等々力陸上競技場では「ももいろクローバーZ」の3人とラミレスさん、女性アイドルグループ「AKB48」の元メンバー・高橋みなみさんという豪華メンバーが走る予定だった

「年齢制限がないから応募した」という五島シズさんは川崎市に住んで60年になるといい、神奈川県内の最高齢ランナー。90歳を超えた今もボランティア活動にはげむ

トーチキスを終えた川崎市のランナー

▼ 第2区間(日産スタジアム付近~小机新道バス停付近など)

日産スタジアム近くを走る予定だった山口さんから、小机新道バス停付近を走る予定だった青木さんに聖火がつながる

青木さんは、新横浜公園高架橋を走る予定だった西村さんにトーチキス

ポーズを決める西村さんと新谷さん

ユニークなポーズを考案した新谷さんと森さん

▼ 第3区間(三ツ沢公園~横浜駅など)

第3区間は、もえぎ野中学校(青葉区)に通う宇野綾香さんからトーチキスがスタート

見事なポーズを披露したバレエダンサー・上野水香さんと、それを受けたポーズを決める日本生命の岡本晃吉さん

トーチキスを終えた第3区間のランナー

▼ 第4区間(金港町交差点~日本丸付近など)

聖火の行方を見守る第4区間のランナー

闘病生活をおくっているという岡本清治さんから、岸根公園でもおなじみの“車いす紙芝居おじさん”杉田勇さんへトーチキス

第4区間のランナーで記念撮影

▼ 第5区間(横浜市庁舎前~運河パーク付近など)

出川さんとパラ卓球日本代表の辻村琢光(たくみ)さん、実はこのポーズ、辻村さんの発案だとか

生まれも育ちも横浜の女優・草笛光子さんは、鶴見国際交流ラウンジで働く藤井文(あや)さんに聖火をつないだ

第5区間のランナー5人は少数精鋭といった雰囲気

▼ 第6区間(桜木町駅入口交差点付近~中華街西門前など)

UN Women(国連女性機関)を代表して参加したIshikawa Kaeさんと、鎌倉市で有機野菜を作る塙(はなわ)健さんが見事なポーズを決めて第6区間がスタート

続いて、2008(平成20)年生まれの青木壮太さんと、中原区や幸区南加瀬、関内などでガソリンスタンドを経営する木所章さんによるポーズもなかなかのもの

ランナーの同僚が応援するシーンも、聖火ランナーは会社や部署の期待を背負って応募している人も多い

トーチキスを終えた第6区間のランナー

▼ 第7区間(元町~山下橋付近など)

金融業界で有名な清水喜彦さんと、横浜市の小学校につとめる岩上幸子さんによるポーズは力強かった

中華街発の著名中華店を経営する李宏道さんから、声優アイドルグループ「=LOVE(イコールラブ)」の瀧脇笙古(たきわきしょうこ)さんに聖火がつながる

第7区間のランナーによる記念撮影

▼ 第8区間(マリンタワー~赤レンガ倉庫前など)

第8区間のトーチキス時は、傘が必要なくらいの雨となったが、ユーチューバー「水溜りボンド」のカンタさんと、谷原さんがユニークなポーズで観客を楽しませた

大類さんは、家電量販店を経営する野島廣司(ひろし)さんへ聖火をつなぐ

左手は筋電義手だという理学療法士の松田理佐子さんから、2004(平成16)年生まれの澤田詩乃さんにトーチキスを行い、2時間半にわたるセレモニーを終えた

【関連記事】

6/30(水)に横浜・川崎「聖火リレー」の代替セレモニー、ネットで生中継(2021年6月26日)

6/30(水)に“聖火リレーイベント”、みなとみらいでの観覧者1600人を募集(2021年6月3日、トーチキスセレモニーの後に無観客で開催された)

【参考リンク】

NHK「聖火リレーライブストリーミング」(当日の映像を見ることができる)

神奈川県オリンピック聖火ランナー紹介(神奈川県実行委員会の聖火ランナー、一部のみ掲載)