新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

東海道新幹線とホテルを使った新しい働き方の提案です。JR東海は、東京と新大阪の間を新幹線で自由に移動し、各地のホテルチェーンに宿泊して仕事をしながら旅を楽しむワーケーション」の旅行商品を開発し、きょう(2021年)4月27日(火)から販売を始めます。

「東海道新幹線乗り放題&お好きなホテルと組み合わせてMYワーケーション」の価格表(JR東海のニュースリリースより)

東海道新幹線乗り放題&お好きなホテルと組み合わせてMYワーケーション」と題したこの旅行商品は、今月5月6日(木)から7月20日(火)までの期間に設定。

「6泊7日」「13泊14日」「20泊21日」の日程で、それぞれ旅行期間中は東海道新幹線が自由に乗り降りでき、4つのホテルグループ(JR東海ホテルズ/東急ホテルズ/プリンスホテルズ&リゾーツ/都ホテルズ&リゾーツ)から1つを選び、そのグループが指定したホテルならどこでも滞在できるという内容になっています。

利用可能なホテルの一覧(JR東海のニュースリリースより)

もっとも施設数の多い東急ホテルズの場合、東京都(8ホテル)、横浜・川崎(2ホテル)、千葉県(1ホテル)、静岡県(3ホテル)、愛知県(2ホテル)、京都府(1ホテル)、大阪府(4ホテル)があり、6泊7日で1人9万5000円(グリーン車プランは11万円)という内容。

たとえば、まずは大阪や京都へ移動して宿泊し、帰路は名古屋や静岡に立ち寄りながら、最後は横浜で泊まって「ワーケーション」を終えるといった形のプランニングが可能です。

また、プリンスホテルズ&リゾーツを使うプランは、6泊7日で13万5000円(グリーン車プランは15万円)と値がはりますが、新横浜プリンスホテルをはじめ、品川プリンスホテルやグランドプリンスホテル新高輪、名古屋プリンスホテルスカイタワー、びわ湖大津プリンスホテル、ザ・プリンス京都宝ヶ池と東海道新幹線沿線の6ホテルが利用でき、毎日“仕事場所”を変えるという形も楽しめそうです。

新横浜駅近くの「ホテルアソシア新横浜」(写真左側=駅ビルの上層階)と「新横浜プリンスホテル」(右奥)もプランの対象ホテルとなっている

同旅行商品は1人用のほか、2人用も設定。ジェイアール東海ツアーズのインターネット上でのみ、きょう4月27日(火)の14時から販売を行うとのことです。

旅行や出張を兼ねた仕事環境への“投資”と考え、ワーケーションという新たな働き方を試してみる価値もありそうです。

【関連記事】

新横浜のホテルで「テレワーク」、連続使用など日帰りプランが拡充(2021年2月4日)

箱根を楽しみながら業務をこなす「リゾートワーク」、県がPRページ開設(2020年9月4日)

【参考リンク】

東海道新幹線乗り放題&お好きなホテルと組み合わせてMYワーケーション(JR東海ツアーズ、4月27日14時発売予定)

新幹線は乗り放題・ホテル選択も自由自在、東京~新大阪を自在に動けるワーケーションプランをご提案しますPDF、JR東海)