新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

横浜アリーナ(株式会社横浜アリーナ・新横浜3、関洋二社長)は、1年と少し先2022年1月から半年超にわたって、大規模な改修工事を行うため休業すると発表しました。

横浜アリーナでは1年先の2022年1月から7月まで長期休業し、天井改修工事などを行う計画

横浜アリーナでは1年先の2022年1月から7月まで長期休業し、天井改修工事などを行う計画

同施設は、大型イベント会場としての顔を持つ一方、災害時には帰宅困難者の一時滞在場所となるなど、公共施設としての機能も求められていることから、東日本大震災後の基準に合わせた「吊り天井」の刷新が計画されていました。

今回の大規模改修は、2022年の「成人の日」後の1月11日から7月末までかけて、吊り天井の耐震化をはじめ、空調設備や屋上防水の更新工事などを実施する予定です。

横浜市は市内の公共建築物を対象とした「天井脱落対策事業計画」のなかで、横浜アリーナを市区庁舎や消防施設、病院、地区センターなどとともに「災害時に最も重要な拠点となる施設」として位置づけており、2022年度(2022年4月~2023年3月)までに天井脱落対策を行う計画となっていました。

横浜アリーナでは2016年にも半年間をかけて座席などの大規模改修を実施している(2016年6月)

横浜アリーナでは、2016(平成28)年にも1月の成人式後から6月末まで約半年にわたって大規模改修を実施しましたが、この時は座席やトイレ、控室・楽屋など来場者や利用者が“目に見える形”の更新が行われています。

一方、横浜アリーナによると、今回計画する2022年の大規模改修では、吊り天井の耐震化や空調設備など、施設の長寿命化に関する改修工事が中心になるとのことです。

なお、港北区内の公共施設における天井の耐震化工事は「港北公会堂」でも今年(2020年)5月から来年3月まで行われている最中です。

【関連記事】

平成と歩んだ「横浜アリーナ」が30周年、こけら落とし公演の松任谷由実さん招く(2019年1月18日、昨年は開館から30周年を迎えた)

2021年3月末まで長期休館「港北公会堂」、トイレなどの改修も同時実施(2020年3月26日、港北公会堂でも吊り天井の耐震化工事が行われている)

【参考リンク】

横浜アリーナ 大規模改修工事実施に伴う休業期間のお知らせPDF、2020年12月22日)

横浜アリーナの公式サイト