新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

新スタイルでの「ブッフェ」が新横浜に戻ってきました。

新しいスタイルで再オープンした新横浜プリンスホテル2階の「ブッフェダイニング ケッヘル」(9月15日開催の内覧会時)

新しいスタイルで再オープンした新横浜プリンスホテル2階の「ブッフェダイニング ケッヘル」(9月15日開催の内覧会時)

新横浜プリンスホテル(新横浜3、武田昌人総支配人)2階の「ブッフェダイニング ケッヘル」は、きのう(2020年)9月16日のランチタイムディナーは9月19日(土)から22日(火・祝)までプレ・オープン、グランドオープンは10月1日(木)から)営業を再開

「ジャパングルメフェスタ~日本の美味しいを旅しよう」企画として11月30日(月)まで実施、シェフがアレンジした日本各地のメニューを、安心・安全な「新スタイル」で提供しているといいます。

「個々盛りスタイル」の料理、そして器の美にも注目してもらいたいと語る浅野総料理長

「個々盛りスタイル」の料理、そして器の美にも注目してもらいたいと語る浅野総料理長

同ブッフェは、新型コロナウイルスの感染拡大や緊急事態宣言を受け、半年前の(2020年)3月3日から朝食時間を除き、営業を休止していました。

同ホテルでは、感染拡大防止の観点から、従来の「大皿」などによる取り分けがメインのスタイルから、より安心・安全にブッフェを楽しむための取り組みとして、新しい衛生・消毒基準を採用。

着席後の“おもてなし” のアミューズ(小品料理)として「グリーンピースムースとノルウェーサーモンマリネ」が用意されている

着席後の“おもてなし” のアミューズ(小品料理)として「グリーンピースムースとノルウェーサーモンマリネ」が用意されている

席数をこれまでの256席から140席へと見直す、料理を「個々盛りスタイル」やスタッフが取り分けるといった新たなブッフェの環境づくりを行ってきたといいます。

まずは、着席後の1品目として、「グリーンピースムースとノルウェーサーモンマリネ」(1人あたり1皿限定)を座席まで届けるという“おもてなし” のアミューズ(小品料理)で来客を出迎えます。

臨場感あふれる「味・香り・音」を楽しめるようにと設置されてきたライブキッチンによる「パフォーマンスコーナー」(目の前で調理を行い提供するコーナー)も、これまでの6エリアから8エリアに拡充「出来立て」の料理をよりリアルに楽しめる工夫を凝らしていることも大きなポイントとなっています。

目の前で調理を行うライブキッチンによる「パフォーマンスコーナー」も8エリアに増やして対応することに

目の前で調理を行うライブキッチンによる「パフォーマンスコーナー」も8エリアに増やして対応することに

「感染予防対策のため、ソーシャル・ディスタンスを確保したレイアウトや、飛沫感染を防ぐアクリルパネル、入手に時間がかかったスニーズガードの設置や、QRコードで読み込む電子化したメニューの採用にも取り組みました」と、同ホテル料飲支配人の古川清一さん

「ブッフェスタイルのひとときを、より安心・安全にお楽しみいただきたく、時間もかけて準備を行ってきました。これまでのように行列が起こるということはないよう、少しずつ、皆様の来店を受け入れていくことができれば」と、古川さんは、進化した「新ケッヘルスタイル」で、よりおしゃれでワクワクした時間を提供したいとの意気込みを語ります。

地元・神奈川産の“はまぽーく”と“さがみっこ”のアクアコッタも、高級感の中に落ち着いた輝きを放っていた

地元・神奈川産の“はまぽーく”と“さがみっこ”のアクアコッタも、高級感の中に落ち着いた輝きを放っていた

現場でのメニュー開発や企画の考案に努めてきた総料理長の浅野浩さんも、「これまでになかった小皿料理の、特に器の質や配色、そして料理の彩りにも工夫を凝らしました。高級感あふれる料理の一つひとつをお楽しみいただければ」と、新スタイルへのチャレンジに寄せる料理人としての“熱き想い”を披露します。

これまで同レストランのフェア企画で扱ってきた北海道、石川県、福岡県、長崎県、そして沖縄県など、日本の津々浦々から、地元・神奈川県や横浜市生まれの食材までも採用するという試みにも挑戦している同ブッフェ。

9月限定で実施されている「ワゴンパフォーマンス」では、迫力の「鹿児島黒牛の岩塩炙(あぶ)り」 を1人1皿限定で提供している

9月限定で実施されている「ワゴンパフォーマンス」では、迫力の「鹿児島黒牛の岩塩炙(あぶ)り」 を1人1皿限定で提供している

同ホテル事業戦略担当の森淳さんは、「各都道府県の美味しい名物料理をケッヘル風にアレンジしています。GoToキャンペーンなども含め、地元エリアの皆様の利用も大変多くなっていることもあり、さらにお近くの皆様にも“旅行気分を味わいに”ぜひお越しいただけたら」と、“日本の旅気分”をグルメで味わう同ブッフェへの地元エリアからの来店も広く呼び掛けています。

なお、ブッフェの同企画での営業時間は、ランチタイムは11時30分から15時まで(ラストオーダー14時30分)、ディナータイムは17時から21時まで(ラストオーダー20時)。

眺めているだけでも目に鮮やかで楽しくなるデザートの冷蔵ケースの中には、地元・横浜製「横浜醤油のチーズケーキ」も

眺めているだけでも目に鮮やかで楽しくなるデザートの冷蔵ケースの中には、地元・横浜製「横浜醤油のチーズケーキ」も

料金はランチタイム平日は大人3700円、シニア(65才以上)が3400円、7才から12才が2200円、4才から6才が800円、土休日は大人とシニアが400円増しで100分制。

ディナータイム平日は大人5500円、シニアが5200円、7才から12才が3600円、4才から6才が1000円、土休日は大人とシニアが400円増し(価格はいずれも税込、サービス料・アルコール飲料代は別)。

ポイント会員制度「SEIBU PRINCE CLUB(西武プリンスクラブ)」の会員は割引金額が適用されるとのことです。

【関連記事】

<新横浜プリンス>9/1(日)からラグビー開催地の「食」集めたブッフェ(2019年8月30日)※昨年のラグビーW杯時には国内外からの多くの来店客で賑わった

新横浜プリンスが「1泊1室1万円」の県民限定プラン、“Go To”の補助も対応(2020年8月12日)※市内や県内など地元からの宿泊客の比率も高くなっている

【参考リンク】

新横浜プリンスホテル公式サイト

ブッフェダイニング ケッヘル「JAPAN GOURMET FESTA(ジャパングルメフェスタ)~日本の美味しいを旅しよう」の特設案内ページ(新横浜プリンスホテル)