新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

来月から路線バスの運賃ICカードと現金で同一の金額となります。来月(2019年)10月1日(火)からの消費税値上げにともない、横浜市営バスや東急バス、川崎鶴見臨港バス(臨港バス)などは、現金での初乗り運賃を据え置き、増税分はICカード運賃のみを上げ、現金と同一の220円とします。

港北区内を走る路線バスのすべてがICカードと現金で同じ220円の運賃となる(新横浜駅前)

これは、港北区内を走る横浜市営バスや東急バス、臨港バス、相鉄バス、神奈川中央交通のいずれも同じ対応となっており、ICカード運賃の216円に4円を加算し、現金と同じ220円に値上げとなります。

通勤定期券については、各社で値上げ幅が異なり、横浜市営バスは1カ月9650円を9900円に250円の上昇。東急バスは横浜市内の1カ月定期券(9620円)を230円上げ9850円に、臨港バスも1カ月定期券(9200円)を300円上げて9500円となります。

このほか、臨港バスと京急バスが共同運行する新横浜駅と羽田空港を結ぶ高速バスは片道860円と20円の値上げ

また、東急バスによる新横浜駅と溝の口駅を結ぶ直行バスは、現金(490円)とICカード(440円)ともに10円ずつ値上げし、現金500円、ICカード450円とする予定です。

【関連記事】

10月から微妙に上がる各鉄道の運賃と定期券、港北区各駅からの値上げ幅(2019年9月9日)

【参考リンク】

消費税率改定に伴う市営バス・地下鉄の運賃改定について(横浜市交通局)

消費税率引上げに伴う運賃改定のお知らせ(東急バス)

消費税率引き上げに伴う乗合バスの上限運賃改定申請について(川崎鶴見臨港バス)

グーグル配信による広告と関連記事の紹介