港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

今週末6月1日(土)2019年の「ふるさと港北ふれあいまつり」(同実行委員会主催)が新横浜で行われます。例年は秋の恒例イベントですが、ラグビーワールドカップ(W杯)開催の影響などで今年は6月開催となり、会場では朝から区制80周年の記念式典も予定されています。

港北区制80周年記念「2019ふるさと港北ふれあいまつり」のチラシ(港北区サイト内区連会資料より)

当日は、浜鳥橋と「さんかくはし」たもとに位置する「新横浜少年野球場(新横浜駅前公園少年野球場)」(新横浜2)を会場に区内の各自治会・町内会や各種団体などが飲食販売や体験ブースを出店するとともに、ステージを設置。

ステージでは、オープニングとなる9時30分から「港北区制80周年記念式典」が行われたのち、横浜F・マリノスのステージ(10時55分)や「ドラえもんショー」(11時30分と14時30分)などが予定されています。

また、各ブースをめぐって抽選券を集めると、「わくわく大抽選会」への参加が可能です。イベントの開催時間は9時30分から15時まで。

28日夜の時点では、当日1日(土)の天気予報は「曇り」で降水確率は40%。なお、イベントは小雨でも決行され、雨天の場合は式典などステージイベントとブースの一部が港北公会堂で実施となります。

【当日の様子】

当日は天気予報が変わって時おり晴れ間も見えて暑い天候のなか、9時30分から開かれた「港北区制80周年記念式典」であいさつする栗田るみ区長

記念式典では港北区合唱団を中心に結成された混成合唱団が「港北の空と丘」や「ずっとこの街で暮らしたい」など4曲を披露

式典に続く「ふれあいまつり」のステージでは、80周年記念の一環で港北区職員が曲をつくり、保育士が振付を考えた「ミズキーダンス」を市立保育所の子どもたちが披露

会場内には地域や団体ごとに特色のある飲食ブースが並びました

行政機関や地域団体など75以上のブース出店が行われました

ステージでの「ドラえもんショー」は子どもを中心に身動きがとれないほどの人を集めていました

【関連記事】

今年は6/1(土)に「ふるさと港北まつり」、区制80周年祝う合唱に90人超が参加(2019年4月15日)

歩数計アプリで新横浜「ふるさとまつり」へ、横浜市がスタンプ獲得イベント(2019年5月21日)

新横浜駅ビル“キュービックプラザ”に「Qひろば」、第一弾イベントはプラレール(2019年5月28日、駅ビル内で6月1日も開催)

【参考リンク】

港北区制80周年記念「2019ふるさと港北ふれあいまつり」の案内ページ(港北区)

新横浜少年野球場(駅前公園)(グーグルマップ、新横浜駅出口から野球場の入口まで「F・マリノス通り」経由で約450メートル、徒歩7~8分)

グーグルからの配信による広告