新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

岸根交差点近くの鳥山町にある大型の宿泊研修施設「東芝研修センター」で、このほど100室の宿泊用客室健康睡眠をサポートする高反発マットレスと枕が導入されたことがニュースリリースで発表されました。新横浜駅からも近く、東芝関係者を中心に知る人ぞ知る大型研修センターは、宿泊施設も充実しているようです。

岸根交差点近くの環状2号線沿いに出入口がある「東芝研修センター」

環状2号線沿いにある「又口橋」バス停(新横浜駅方面)の目の前、約1万7000平方メートルという大型の敷地に設けられている東芝研修センター。

かつて激しい労働争議でも話題となった旧東芝アンペックスの本社工場跡地を使い、1998年12月に「21世紀に向けたグローバルな事業展開に必要な人材を育成するため」(当時のニュースリリース)として、東芝が開設した施設です。

研修棟2棟と学園棟、宿泊棟、体育館の計5棟からなる同研修センターには、6人から200人まで収容可能な会議室や教室などが60部屋以上あり、最大で1800人を収容。食堂や喫茶、売店なども設置されているといいます。

研修棟や体育館など計5棟から成る「東芝研修センター」は大きい施設

もともとは東芝グループの社員らに研修を行うための施設ではあるものの、最近では他の企業や団体などにも貸し出しており、資格試験の会場や学会の場にも使われています。

施設の管理や運営は、東芝の100%子会社で同地に本社を置く東芝総合人材開発株式会社(旧:東芝シグマコンサルティング、鳥山町555番地)が行っており、「皆さまの研修ニーズにオールインワンで応える研修施設」(同社)とPRしています。

100室の宿泊用客室に健康睡眠をサポートする高反発マットレスと枕が導入されたという(ライズTOKYOのニュースリリースより)

このほど、シングルルームタイプの宿泊棟に導入されたのは、機能性寝具メーカーのライズTOKYO株式会社(東京都港区)が展開するブランド「RISE(ライズ)」。

同社は東芝グループ社員の健康をサポートするため、高反発マットレスの体験会を行うなどの縁があって導入にいたったといい、今回のニュースリリースも同社から発表されました。

企業向けの研修施設のため、一般利用することは難しいのですが、全国系企業の大型研修施設が設けられているのも、交通至便な新横浜エリアならではといえそうです。

【関連記事】

<ラグビーW杯>横浜市の運営本部は西ゲート橋近く、セブン「研修センター」に設置(2019年3月4日、新横浜2丁目にはセブン&アイ・ホールディングスの研修施設も)

新横浜1丁目の新幹線高架側、解体の事業所跡に「ポルシェ」の新研修センター(2018年5月28日、新横浜1丁目には「ポルシェ」の日本法人による大型研修施設が移転新設された)

【参考リンク】

東芝研修センター施設ご利用案内(東芝総合人材開発株式会社)

「東芝研修センター」にRISEの高反発マットレスを導入しましたPDF、2019年5月14日、ライズTOKYO)

グーグル配信による広告と関連記事の紹介