港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

マンション建設が止まりません。駐車場を中心とした跡地でのマンション計画が相次いでいる新横浜1丁目の「新幹線高架側エリア」(環状2号線の新幹線高架橋側)で、また新たな計画が公表されました。

月極駐車場からコイン駐車場に転換したばかりの敷地(写真左手前)を使って「(仮称)ガーラ新横浜新築工事」が行われる。写真右手奥は「まいばすけっと新横浜店」、写真左手奥には大東建託が行っている9階建て39戸の工事現場も見える(5月8日)

現地に掲出された建築計画看板(標識)によると、「資産運用型マンション」の企画や分譲などを行う株式会社エフ・ジェー・ネクスト(FJネクスト=東京都新宿区)が建築主となり、まいばすけっと新横浜店の正面付近にあるコイン駐車場「トラストパーク新横浜1丁目第2」(28台収容、旧ビルコ管理の月極駐車場)を使い、11階建て145戸のワンルームマンションとみられる「(仮称)ガーラ新横浜新築工事」を今年(2019年)9月に着工。2021年4月末に完成させる計画です。

まいばすけっと新横浜店の付近では、並びにあったコイン駐車場跡でも、賃貸物件になるとみられる9階建て39戸を今年11月の完成に向けて大東建託が建設中です。

また、環状2号線沿いの奈良建設本社ビル近くにあるコイン駐車場跡でも、翔和建物が11階建て65戸のマンションを来年3月末までに建てる計画があり、賃貸物件の可能性があります。

このほか、至近では分譲マンションも3棟の建設が進みます。

  • ノブレス新横浜プロジェクト(シンヨコ・エス・アリーナ)(85戸、2021年3月下旬入居予定):工事が遅れていた旧ミキプルーン関東配送センター跡
  • ブリシア新横浜70戸、2020年5月下旬完成予定):岸根交差点近く旧ガソリンスタンド跡
  • ソルティア新横浜58戸、2019年10月中旬完成予定):環状2号線沿いのカリモク家具近くの駐車場跡

着工が遅れていたナイスの分譲マンションは「ノブレス新横浜プロジェクト(シンヨコ・エス・アリーナ)」の名で夏ごろから販売を始める計画で、1階には店舗や事務所などが設けられる可能性がある。写真奥は旧パチンコ店「サンユー」のビル

新横浜1丁目の新幹線高架側では、分譲と賃貸を合わせ、計6棟のマンション計画が進んでおり、現時点では2021年までに計460戸超が供給される予定です。

2023年3月末までの「相鉄・東急直通線(東急新横浜線・相鉄新横浜線)」の開業を控え、残る駐車場などでさらに建設が加速する可能性もあります。

【関連記事】

岸根交差点で建設中の70戸マンション「ブリシア新横浜」、1LDK~3LDKで販売へ(2019年1月4日)

環状2号沿いカリモク隣の58戸は「ソルティア新横浜」、コンパクト物件として販売(2018年8月10日)

新横浜1丁目“新幹線側”で5棟目のマンション計画、環状2号沿いのコイン駐車場に(2018年7月30日)※奈良建設本社ビル近く

新横浜1丁目“新幹線側”で4棟目のマンション計画、まいばす近くに9階建て39戸(2018年6月12日)※まいばすけっと並び、大東建託

マンション建設相次ぐ新横浜1丁目・新幹線側エリア、配送センター跡は15階建て83戸(2018年4月16日、「ノブレス新横浜プロジェクト(シンヨコ・エス・アリーナ)」の名で85戸を2021年3月完成に向けて建設中)

【参考リンク】

新横浜1丁目の「(仮称)ガーラ新横浜新築工事」の場所(グーグルマップ)

グーグルからの配信による広告