港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

新横浜1丁目の「新幹線高架側エリア」(環状2号線の新幹線高架橋側)でのマンション建設が止まりません。カリモク家具隣接地の事業所跡地も15階建て83戸のマンション建設が行われるとの計画看板(標識)が現地に掲出されました。

15階建て83戸のマンションが2020年10月までに建てられる旧事業所跡地

同地は昨年(2017年)6月までミキプルーン関東配送センターとして使われていましたが、環状2号線を挟んだ向かい側に移転しており、12月から解体工事が行われていました。

計画では886平方メートルの敷地に高さ44.6メートルの15階建て「共同住宅、店舗又は事務所」を建てるもので、建築主は鶴見区に本社を置く住宅企業・ナイス株式会社。今年11月に着工し約2年後の2020年10月の完成予定としています。

新横浜1丁目の新幹線高架側エリアでは、駐車場や事業所の跡地にマンション建設が相次いでおり、特にカリモク家具の周辺では既に2棟が計画され、今回の配送センターで3棟目

環状2号線沿いの奈良建設近くの駐車場では封鎖されているところも

このほか、近くの旧アラマークユニフォームサービスジャパン横浜事業所(旧アート引越センター横浜支社の一部)跡地は建物が取り壊されて更地化しており、今後は何らかの建物が建てられる模様。

また、環状2号線沿いでは、奈良建設近くの駐車場(スパシエ・エル新横浜となり)が封鎖されているほか、岸根交差点近くの旧ガソリンスタンド「モービル・オブリプラーザ新横浜SS」(2016年6月閉店)跡地が更地化しています。

岸根交差点に2016年6月に閉店したガソリンスタンド跡地は最近になって更地化している

「相鉄・東急直通線」(2023年3月末までに開業予定)の開通を前に駅の篠原口に近い新横浜1丁目の新幹線高架側エリアでは、今後もマンション建設活発化する可能性があります。

)この記事は読者の方からの情報提供をきっかけに取材・記事化しました。ありがとうございます。

【関連記事】

新横浜1丁目の“新幹線高架側エリア”、2つの事業所跡が解体で「更地」に(2018年3月5日)

環状2号沿い新横浜1丁目、カリモク家具隣の駐車場に11階建て58戸マンション計画(2017年9月2日、反対側の隣地でもマンション建設計画)

<新横浜1>カリモク家具付近で2棟目のマンション計画、解体の企業事務所跡にも(2017年10月20日、すぐ近くでも別のマンションが建設中)

【参考リンク】

15階建て83戸のマンションの計画地(グーグルマップ)

グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧