新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

新横浜駅の北口駅前にある「新横浜グレイスホテル」は、今年(2019年)1月18日から段階的に行っていた全80客室のリニューアル工事を先月(4月)25日に終え、ゴールデンウィークから新客室が稼働しています。

「URBAN CHIC(アーバンシック)」をコンセプトに全80室の内装や設備を一新した新横浜グレイスホテル

1991年に開業した新横浜グレイスホテルは、地下1階から8階までのフロアに結婚式場や10の宴会場、レストランなどを置き、8階から14階が客室

シングルルーム」31室をはじめ、2名用のセミダブル」と「ダブル」を20室カジュアルツイン」や「ツイン」「スペーリアダブル15室、最大4人まで利用可能なデラックスツイン」を9室、最大5人まで利用できる和洋室」は5室と計80室を設置し、最大で193人の宿泊が可能です。

最大5人まで宿泊可能な「和洋室」は和風旅館の部屋をイメージ

今回のリニューアルでは、「URBAN CHIC(アーバンシック)」をコンセプトに全客室の内装を一新するとともに、快適性を高めるための工夫も凝らします。

たとえば、シングルやダブルルームではベッドにもたれかかれるようなクッション材を取り付け、ソファ代わりにもなるようにしたり、デラックスツインは出入口付近のクローゼットを取り払って開放感を強調したりするなど室内設備も改良

眼下に東海道新幹線が眺められる“新幹線ビュー”の部屋も

最大5人まで宿泊できる28平方メートルの和洋室では、一段高くなったフローリング部分にシングルサイズのベッド2台を置くとともに、琉球畳による和室エリアも設け、「家族でのんびりとテレビを見るようなイメージ」(同ホテル)の部屋に刷新しました。

また、篠原口側に面した一部の部屋からは、眼下に東海道新幹線が眺められる“新幹線ビュー”となっています。

標準料金は1人1泊1万8000円(シングル)からで、同ホテルの予約ページでは、もっとも割安なプランを探せるとのことです。

【関連記事】

新横浜グレイスホテルが25周年、1人6800円からの「特別謝恩プラン」を販売中(2016年11月23日、2016年に25周年を迎えた)

<篠原口>大型斎場が家族葬対応も強化、12/15(土)・16(日)に内覧イベント(2018年12月13日、親会社である「くらしの友」も新横浜の総合斎場を刷新した)

【参考リンク】

客室全室リニューアルオープンについて(新横浜グレイスホテル)

新横浜グレイスホテルの客室案内

グーグルからの配信による広告