新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

来月(2019年5月)11日(土)・12日(日)の2日間リレー競走に特化した世界的な大会が日産スタジアム(横浜国際総合競技場)で初めて開かれるのにあわせ、横浜市市民局は市民200組400人を招待すると発表しました。

IAAF世界リレー2019横浜大会(セカイリレーヨコハマ)の公式サイト

5月11日と12日の2日間にわたって開かれる「IAAF世界リレー2019横浜大会(通称「セカイリレーヨコハマ」)」(国際陸上競技連盟=IAAF主催)は、おおむね2年に1度のペースで行われてきた世界大会で、日本では初の開催となります。

初日は18時30分過ぎから22時前まで予選を中心に、2日目は18時10分から21時前まで決勝を中心に各競技を予定。男子2人と女子2人からなる新種目「混合シャトルハードルリレー」と、2人で400m区間を2回走る新種目の「混合2x2x400mリレー」は予選・決勝とも初日に行われます。

入場料はブロンズシート(前売2000円・当日2500円=バックスタンド側)やシルバーシート(前売3500円・当日4000円=「ゴール裏」の位置)、ゴールドシート(前売7000円・当日7500円=メインスタンド側)の3種類。チケットぴあ(セブンイレブン)と公式チケットページで販売を行っています。2日間ともTBS系列で生中継される予定。

横浜市市民局では、シルバーシートに2日間通しで市民200組400人の招待を行うとして、きょう(4月)1日から15日まで応募の受け付けをインターネット上で始めました。応募者のなかから当選者のみチケットを送付するとのことです。

【当日の様子】

予選が中心の初日5月11日(土)は、招待券を持った親子が目立ち、日本陸上競技連盟によると初日は1万5424人を集め、決勝が中心の12日(日)は2万人以上の観客を集めたといいます

あまりなじみのない新種目「シャトルハードルリレー」も開催(5月11日)

男女混合のリレー種目も行われた(5月11日)

【関連記事】

<日産スタジアム>2019年5月に世界的「リレー大会」初開催、9月のラグビーW杯前に(2018年11月5日)

【参考リンク】

【市民招待】IAAF世界リレー開催!横浜市民400名をご招待します(横浜市市民局、2019年3月28日)

IAAF世界リレー2019横浜大会の公式サイト

「世界リレー2019横浜」の中継について(TBS)

グーグルからの配信による広告