新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

2019年は「ガチハンバーグ!」として行われることになりました。横浜市内の商店街でナンバーワンのメニューを競う「ガチ!シリーズ」(横浜市商店街総連合会主催)の第9弾はハンバーグのメニューが対象となり、港北区内からは妙蓮寺の2店と大曽根(樽町)の1店、綱島西の1店の計4店舗がエントリーしました。

2019年の「ガチハンバーグ!」特設サイトもすでに公開されている

ガチ!シリーズは毎年テーマを決め、市内商店街でもっとも人気の店を投票によって選出する企画。“ガチ”とは、相撲などで真っ向勝負の意味で使われている“ガチンコ勝負”から取られています。

9回目となる今回のテーマは「ハンバーグ」。市内の48店が自慢のメニューをエントリーし、このなかから一般の投票によってトップの「金賞」などの各賞を選びます。

港北区からは妙蓮寺ニコニコ会の「鴨屋そば香(本店)」(菊名1)と「Smile on the Table(スマイルオンザテーブル)」(同)、大曽根商店街の「レストランオークラ本店」(樽町1)、綱島さわやか通り商店街の「ステーキ&ハンバーグ雷電」(綱島西2)の4店がエントリーしました。

料理内容などの詳細が記されたエントリーブックは来月(2019年5月)末ごろから配布が始まり、投票は6月1日(土)から7月31日(水)まで、各賞の発表は8月下旬から9月上旬の予定です。

【関連記事】

グルメNo.1決める「ガチ!シリーズ」テーマは炒飯、日吉駅前で初参加、綱島も4年ぶり(横浜日吉新聞、2018年5月14日、これまでの港北区内出場店と結果の一覧も)

<横浜チョコスイーツ決定戦>大倉山青柳の「きなチョコだんご」が圧倒的支持で初の金賞(2017年8月30日、港北区内から初の金賞)

横浜の商店街対抗“ガチ”シリーズ、妙蓮寺の「鴨メンチ」は惜しくも2位に(2016年9月19日)

【参考リンク】

ガチ!シリーズの公式サイト

グーグルからの配信による広告